Recent changes RSS feed

宮内庁書陵部本『十訓抄』

凡例

  • この電子テキストは『十訓抄』の校訂本文と翻刻です。
  • 底本は宮内庁書陵部本です。
  • 影印本は、笠間影印叢刊『御所本十訓抄 〈上〉〈中〉〈下〉 宮内庁書陵部蔵』(泉基博編・笠間書院)を使用しました。
  • 説話の区切りと説話番号は、新編日本古典文学全集『十訓抄』(浅見和彦・小学館・1997年12月)に従いました。
  • 校訂本文について
  • 翻刻について
    • 漢字の直後のものを除き、繰り返し記号はなおしました。
    • ミセケチ・訂正・傍書による補入等は本文に組み入れました。
    • 「/k6」とあるのは、御所本『十訓抄』(泉基博編・笠間書院)6ページを意味します。
    • 翻刻部分は著作権が存在しません。ご自由にお使いください。
  • テキスト作成にあたり、下記の影印本・注釈書等を参考にしました。
    • 御所本『十訓抄』(泉基博編・笠間書院)
    • 『十訓抄詳解』(石橋尚宝・明治書院・明治35年7月 昭和2年9月改訂)
    • 新典社注釈叢書6『十訓抄全注釈』(河村全二・新典社・平成6年5月)
    • 新編日本古典文学全集51『十訓抄』(浅見和彦・小学館・1997年12月)
  • 間違い等がありましたらメールフォーム等からご指摘いただければ幸いです。
  • 現在のソースは次のリンクからダウンロードできます(zip圧縮)。jikkinsho_1.0.zip

履歴

十訓抄 上

  • 第一 可施人恵事(人に恵を施すべき事)
  • 第二 可離驕慢事(驕慢を離るべき事)
  • 第三 不侮人倫事(人倫を侮らざる事)
  • 第四 可誡人上事(人の上を誡むべき事)

十訓抄序

第一 可施人恵事

第二 可離驕慢事

第三 不侮人倫事

第四 可誡人上事

十訓抄 中

  • 第五 可撰朋友事(朋友を撰ぶべき事)
  • 第六 可存忠直事(忠直を存すべき事)
  • 第七 可専思慮事(思慮を専にすべき事)

第五 可撰朋友事

第六 可存忠直事

第七 可専思慮事

十訓抄 下

  • 第八 可堪忍于諸事事(諸事を堪忍すべき事)
  • 第九 可停懇望事(懇望を停むべき事)
  • 第十 可庶幾才芸事(才芸を庶幾すべき事)

第八 可堪忍于諸事事

第九 可停懇望事

第十 可庶幾才芸事

跋・奥書

text/jikkinsho/index.html.txt · 最終更新: 2016/04/28 01:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2016 Satoshi Nakagawa