Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の6 中納言通俊の子に世尊寺阿闍梨仁俊とて顕密知法にて・・・

校訂本文

中納言通俊1)の子に、世尊寺阿闍梨仁俊とて、顕密知法にて、貴き人おはしけるを、鳥羽院に候ひける女房、「仁俊は女心ある者の、空聖立つる」と申しけるを、かへり聞きて、「くちをし」と思ひければ、北野2)に参籠して、「このの恥をすすぎ給へ」と祈請して、

  あはれとも神々ならば思ふらん人こそ人の道は断つとも

と詠みければ、その女房、赤袴ばかりを腰に巻きて、手に錫杖を持ちて、「仁俊に虚言(そらごと)言ひ付けたる報ひよ」と言ひて、院の御所に参りて、舞ひ狂ひけり。

「あさまし」と思しめして、北野より仁俊を召して、見せられければ、神恩のあらたなるを感じて、涙を流して、一たび慈救呪を満て給ひければ、女房、本心になりにけり。

いみじく思しめして、薄墨(うすずみ)といふ御馬ぞ賜(た)びたりける。

翻刻

中納言通俊子ニ世尊寺阿闍梨仁俊トテ、顕蜜知
法ニテ貴キ人オハシケルヲ、鳥羽院ニ候ケル女房仁俊
ハ女心アル者ノ空聖立ルト申ケルヲ、カヘリ聞テ、口
惜ト思ケレハ、北野ニ参籠シテ、此ノ恥ヲススキ給ヘト
祈請シテ、/k156
  アハレトモ神々ナラハ思フラン、人コソ人ノミチハタツトモ
トヨミケレハ、其女房赤袴ハカリヲ腰ニ巻テ、手ニ錫
杖ヲ持テ、仁俊ニ空事云付タル報ヒヨト云テ、院御
所ニ参テ舞クルヒケリ、浅マシト思召シテ、北野ヨリ仁
俊ヲ召テ見セラレケレハ、神恩ノアラタナルヲ感シテ
涙ヲ流シテ、一タヒ慈救呪ヲ満給ケレハ、女房本心ニ
成ニケリ、イミシク思召テ、ウススミト云御馬ソタヒタ
リケル、/k157
1)
藤原通俊
2)
北野天満宮
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-06.txt · 最終更新: 2015/11/06 21:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa