Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の6 亭子院に御息所あまた御曹司して住み給ふに・・・

校訂本文

亭子院1)に、御息所あまた御曹司(ざうし)して住み給ふに、河原院を見所あるさまに、いとめでたく造らせ給ひて、京極御息所2)ひとところをのみ具し奉りて、渡らせ給ひけり。

春のことなるに、とまらせ給ふ御曹司ども、いと思ひのほかに、さうざうしきこと思しけり。殿上人など参りて、「藤の花いとおもしろきを、これ盛りをだに御覧ぜざらむ」など言ひて見歩(あり)くに、文をなん結ひ付けたりける。開けて見れば、

  世の中の浅き瀬にのみなりゆけば昨日の藤の花とこそ見れ

と書かれたる。かぎりなくあはれなりけれど、たが御曹司3)のし給へるとも、え知らざりけり。

これも、御心の内どもは、さこそありけめなれども、かやうにもてしづめたるは、優にいみじくこそ思ゆれ。

唐に呂后と聞こえ給ふ后(きさき)は、戚夫人といひけるうはなりを捕へて、いひ知らぬうたてきありさまに、しなされにけるなど聞こゆれば、まして次々の人の振舞ひは理(ことはり)といひつべし。

翻刻

六亭子院ニ御息所アマタ御サウシシテ住給ニ、河原院
  ヲミトコロアルサマニ、イトメテタクツクラセ給テ、京
  極御息所ヒトトコロヲノミ具シ奉テワタラセ給ケリ、
  春ノ事ナルニトマラセ給御サウシトモ、イト思ノ他ニサ
  ウサウシキ事オホシケリ、殿上人ナト参テ、藤ノ花イ
  トオモシロキヲ、コレサカリヲタニ御覧セサラムナト云
  テ見アリクニ、文ヲナン結ヒ付タリケル、アケテミレハ、
    世中ノアサキセニノミナリユケハ、キノフノフチノ花トコソミレ
  トカカレタル、限ナク哀ナリケレト、タカ御ミサウシノシ給/k12
  ヘルトモヱシラサリケリ、是モ御心ノウチトモハ、サコソア
  リケメナレトモ、カヤウニモテシツメタルハ、優ニイミシク
  コソオホユレ、唐ニ呂后トキコエ給后ハ、戚夫人ト云ケル
  ウハナリヲトラヘテ、イヒシラヌウタテキ有サマニシナサ
  レニケルナトキコユレハ、マシテ次々ノ人ノ振舞ハ理ト云
  ツヘシ、/k13
1)
宇多法皇の御所
2)
藤原褒子
3)
底本「御みさうし」。「み」の衍字とみて削除。
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-06.txt · 最終更新: 2016/02/21 22:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa