Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の35 平等院僧正行尊は出世の貴きのみにあらず・・・

校訂本文

平等院僧正行尊は、出世の貴きのみにあらず。世間の心ばせもいみじかりけり。

鳥羽院の御持僧にて、常には内裏に候ふに、つれづれなる日、御遊びありけり。花園左大臣(有仁)1)琵琶、宰相中将(宗輔)2)箏、楽人時元3)笛、女房和琴、主人御笛なり。

大臣共人、中務少輔忠宗4)を庭に召して篳篥つかまつる。平調より大食調、残りなく尽されけり。「千載の一遇なり」となむ、中務申しける。

この僧正、並びに法性寺座主仁実、御前に候ふ。御遊の半ばほど、玄象の三緒切れたりけるに、僧正、懐(ふところ)より琵琶の緒を取り出でて奉りければ、大臣、これを取りて、終夜(よもすがら)弾き、暁方(あかつきがた)に人々罷り出でにけり。

昔、宇多法皇、大井川に幸の日、泉大将5)の烏帽子落したりけるに、如無僧都6)、三衣箱より取り出でたりけんに、劣らずこそ聞ゆれ。

翻刻

平等院僧正行尊ハ出世ノ貴ノミニ非ス、世間ノ心ハ
セモイミシカリケリ、鳥羽院御持僧ニテ常ニハ内裏
ニ候ニツレツレナル日御遊有ケリ、花薗左大臣(有仁)比巴宰
相中将(宗輔)箏楽人時元笛女房和琴主人御笛也
大臣共人中務少輔忠宗ヲ庭ニ召テ篳篥ツカマ
ツル平調ヨリ大食調残ナクツクサレケリ、千載之一
遇ナリトナム中務申ケル、此僧正并法性寺座主仁/k69
実御前ニ候御遊ノナカハ程玄象ノ三緒キレタリケ
ルニ、僧正懐ヨリ比巴ノ緒ヲ取出テ奉リケレハ、大臣是
ヲ取テ終夜ヒキ暁方ニ人々罷出ニケリ、昔宇多法
皇大井河ニ幸ノ日泉大将ノ烏帽子オトシタリケル
ニ、如夢僧都三衣箱ヨリ取出タリケンニヲトラスコ
ソ聞レ、/k70
1)
「有仁」は小書。源有仁。
2)
「宗輔」は小書。藤原宗輔。
3)
豊原時元
4)
源忠宗
5)
藤原定国
6)
底本「如夢僧都」
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-35.txt · 最終更新: 2015/09/21 15:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa