Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の4 帥民部卿経信卿またこの人におとらざりけり・・・

校訂本文

帥民部卿経信卿1)、また、この人2)におとらざりけり。

白河院、西川に行幸の時、詩・歌・管絃の三つの舟を浮べて、その道々の人々を分かちて乗せられけるに、経信卿、遅参のあひだ、ことのほかに御気色悪しかりけるほどに、とばかり待たれて参りたりけるが、三事兼ねたる人にて、汀にひざまづきて、「やや、どの舟にまれ、寄せ候へ」と言はれたりける、時にとりていみじかりけり。かく言はれん料3)に、遅参せられけるにこそ。

さて、管絃の舟に乗りて、詩歌を献ぜられたりけり。「三つの舟に乗る」とはこれなり。

翻刻

四帥民部卿経信卿又此人ニヲトラザリケリ、白川院西川ニ
  行幸ノ時、詩哥管絃ノ三ノ舟ヲウカヘテ、其道々ノ人/k39
  人ヲワカチテノセラレケルニ、経信卿遅参ノ間、コトノホカ
  ニ御気色アシカリケルホトニ、トハカリマタレテ参タリ
  ケルカ、三事兼タル人ニテ、汀ニヒサマツキテヤヤトノ舟ニマ
  レ、ヨセ候ヘトイハレタリケル、時ニトリテイミシカリケリ、カク
  イハレン断ニ、遅参セラレケルニコソ、サテ管絃ノ舟ニ乗テ、
  詩哥ヲ献セラレタリケリ、三ノ舟ニ乗トハ是ナリ、/k40
1)
源経信
2)
藤原公任。前話参照
3)
「料」は底本「断」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-04.txt · 最終更新: 2016/03/06 16:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa