Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の72 顕基卿世をのがれて上醍醐に籠り居られたりけるに・・・

校訂本文

顕基卿1)、世をのがれて、上醍醐に籠り居られたりけるに、醍醐の大僧正、「琵琶の三曲といふなるもの、老法師に弾きて聞かせ給へ。今日、明日、まかりかくれなんずるに、よみづとに2)つかうまつらん」と、あながちに言はれければ、「さばかり貴き人の、かくねんごろにあつらへ給ふことなり」と思ひて、ある時、三曲、はじめより、ことごとくこれを弾く。

僧正、よくよく聞きて、あくびたびたびして、「あはれ、花園より詣で来る盲法師の、『極楽の雨しただりの音』とて弾き侍るは、たうときものを。その曲をば、伝へ給はぬにや」と問はれけり。

とかくいふばかりなくて、「いまだ、えこそ」とばかりにて、やみにけり。

楚山に得たりし玉璞も、良工に知られざりしほどは、石にことならず。呉坂を過ぎける麒麟3)も、王良・楽4)にあはざりけるあひだは、塩をこそ負ひければ、いかなる秘曲なりとも、まことに聞き知らざらむためには、よしなきことにこそ。

かの広沢僧正5)の、理観・真言のひまひまに、流泉・啄木を弾きて、心をすまし給けんには、似給はざりけり。

翻刻

七十四顕基卿世ヲノカレテ上醍醐ニコモリヰラレタリケルニ醍
      醐ノ大僧正琵琶ノ三曲ト云ナルモノ、老法師ニ引テキ
      カセ給ヘ、ケフアスマカリカクレナンスルニ、ヨミツトマツカウ
      マツラント、強ニイハレケレハ、サハカリ貴キ人ノ、カクネンコロニ
      誂ヘ給事也ト思テ、アル時三曲始ヨリ悉ク是ヲ引、僧
      正能々聞テアクヒタヒタヒシテ、アハレ花薗ヨリマウテクル/k120
      目クラ法師ノ極楽ノアマシタタリノオトトテヒキ侍ルハ
      タウトキモノヲ、其曲ヲハ伝ヘ給ハヌニヤトトハレケリ、ト
      カク云ハカリナクテ、イマタエコソトハカリニテヤミニケリ、
      楚山ニエタリシ玉璞モ良工ニシラレサリシ程ハ石ニ不異
      呉坂ヲスキケル麒麟モ、王良薬ニアハサリケル間ハ、シ
      ホヲコソヲヒケレハ、イカナル秘曲ナリトモ、実ニ聞シラサ
      ラムタメニハ、ヨシナキ事ニコソ彼広沢僧正ノ理観真
      言ノヒマヒマニ流泉啄木ヲヒキテ、心ヲスマシ給ケンニハ
      似タマハサリケリ、/k121
1)
源顕基
2)
「に」は底本「ま」。諸本により訂正。
3)
底本ママ。諸本、並びに原拠(『文選』等)は騄驥
4)
伯楽。底本「薬」
5)
寛朝
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-72.txt · 最終更新: 2016/04/20 22:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa