Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の27 右兵衛督敏行不浄にて人のあつらへける経をあまた書きけるを・・・

校訂本文

右兵衛督敏行1)、不浄にて、人のあつらへける経をあまた書きけるを、「清浄の料紙を書き汚(けが)しける」とて、文字を洗ひ落して、料紙をば帝釈宮に納められたり。文字を洗ひ捨てたる水、ことごとく大河となりて、敏行の黄泉路(よみぢ)のあたとなりけるこそ、よしなく思ゆれ。

結縁、いみじけれども、不信ならば、そのかひなかるべきにや。

ただし、天竺に烏龍といふ手書、仏法を背く者にて、多くのものを書くといへども、仏法の方には一文字をも書かずして、やみにけり。

その子、遺龍といふ者、あひつぎていみじき手書なりけるを、烏龍死にたる時、「なんぢ、あなかしこ、わがごとく仏法の方のものといはん、一文も書くな」と言ひて失せにけり。かかる不善の者なれば、悪道に落ちて大苦悩を受けたりけり。

遺龍、父の遺命に随(したが)ひて、深く仏法を背くといへども、国王の勅宣によりて、心ならず『法華経』八軸の外題六十四字を書くあひだに、その字、六十四体の仏となりて、烏龍が落つところの地獄に行きて、苦患を救ひ給ふにより、父、得道の由、遺龍、夢の告げを見たりけり。

これを思ふには、不信不浄の心なりとも、一字の縁を給びてむには、後世のたのみ、疑ひあるまじきにやと思え、やうによるべきにや。ひとすぢに思ひ定めがたし。

翻刻

三十右兵衛督敏行不浄ニテ人ノ誂ヘケル経ヲアマタ
    書ケルヲ、清浄ノ料紙ヲ書ケカシケルトテ、文/k81
    字ヲアラヒオトシテ、料紙ヲハ帝釈宮ニオサメラ
    レタリ、文字ヲ洗捨タル水悉大河ト成テ敏行ノ
    ヨミチノアタト成ケルコソヨシナク覚ユレ、結縁イミ
    シケレトモ不信ナラハ、其カヒナカルヘキニヤ、但天竺ニ
    烏龍ト云手書仏法ヲ背ク者ニテ、多ノ物ヲ書ト
    イヘトモ、仏法ノ方ニハ一文字ヲモ不書シテヤミニケ
    リ、其子遺龍ト云者相継テイミシキ手書也ケル
    ヲ、烏龍死タル時、汝穴賢如我仏法ノ方ノ物ト云ハン
    一文モカクナト云テ失ニケリ、カカル不善ノモノナレハ悪
    道ニ落テ大苦脳ヲ受タリケリ、遺龍父ノ遺命
    ニ随テ、深ク仏法ヲ背トイヘトモ、国王ノ勅宣ニヨ/k82
    リテ心ナラス法華経八軸ノ外題六十四字ヲ書ク
    アヒタニ、其ノ字六十四体ノ仏ト成テ、烏龍カ落所ノ
    地獄ニ行テ苦患ヲ救ヒ給ニヨリ父得道ノ由遺
    龍夢ノ告ヲミタリケリ、是ヲ思ニハ不信不浄ノ心ナ
    リトモ、一字ノ縁ヲ給ヒテムニハ、後世ノ憑ミ疑ヒアル
    マシキニヤト覚エ、様ニヨルヘキニヤ、一筋ニ思ヒ定カタシ、/k83
1)
藤原敏行
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-27.txt · 最終更新: 2016/01/16 17:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa