Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の22 昔夫婦あひ思ひて住みけり夫と軍にしたがひて遠く行くに・・・

校訂本文

昔、夫婦、あひ思ひて住みけり。夫と軍にしたがひて遠く行くに、その妻、幼き子を具して、武昌の北の山まで送る。男の行くを見て、悲しみ立てり。

男、帰らずなりぬ。その子を負ひて、立ちながら死にたるに、化して石となれり。その姿、人の子を負ひて立つがごと、これによりて、この山を、「望夫山」と名づけ、その石を「望夫石」といへり。くはしくは『幽明録』に見えたり。

『しらら』といふ物語に、しららの姫君、男の少将の、「迎へに来む」と契りて、遅かりしを待つとて詠める、この心なり。

  頼めつつ来がたき人を待つほどに石にわが身ぞなりはてぬべき

わが国の松浦佐夜姫(まつらさよひめ)といふは、大伴狭手麿(おおとものさてまろ)が妻なり。男、帝の御使に、唐へ渡るに、すてて舟に乗りて行く時、その別れを惜しみて、高き山の峰に登りて二人、遥かに離れ行くを見て、悲しみにたへずして、領巾(ひれ)を脱ぎてまねく。

見る者、涙を流しけるより、この山を領巾麾峰1)(ひれふりのみね)といふ。この山は肥前国にあり。松浦明神とておはしますは、かの佐夜姫のなれるといひ伝へたり。この山を松浦山といふ。磯をば松浦潟といふなり。『万葉集』にこの歌の心あり。

  遠つ人松浦佐夜姫つまこひに領巾振りしより負へる山の名

翻刻

廿六昔夫婦相思テスミケリ、夫ト軍ニ随テ遠ク行
    ニ、其妻少キ子ヲ具シテ、武昌ノ北ノ山マテ送ル、男
    ノ行ヲ見テ悲ミ立リ、男カヘラスナリヌ、其子ヲ
    ヲイテ立ナカラ死タルニ、化シテ石トナレリ、其姿人ノ子
    ヲオヒテ立カ如シ、依之此山ヲ望夫山ト名ケ、其
    石ヲ望夫石ト云ヘリ、委ハ幽明録ニ見タリ、シララ
    ト云物語ニシララノ姫君オトコノ少将ノムカヘニコ
    ムトチキリテ、ヲソカリシヲマツトテ、ヨメル此心ナリ、/k72
      タノメツツキカタキ人ヲマツホトニ、石ニワカミソ
      ナリハテヌヘキ
    我国ノ松浦佐夜姫ト云ハ、大伴狭手麿カ妻也オ
    トコ帝ノ御使ニ唐ヘ渡ニ、ステテ舟ニ乗テ行時、
    其別ヲ惜テ、高キ山ノ峯ニ登リテ、二人遥ニハナレ行
    ヲ見テ悲ニタヘスシテ、領巾ヲヌキテマネク、見ル
    モノ涙ヲナカシケルヨリ、此山ヲ領巾魔峯ト云此山
    ハ肥前国ニアリ、松浦明神トテ御坐ハ彼サヨヒメ
    ノナレルト云伝タリ、此山ヲ松浦山ト云、イソヲハ
    松浦カタト云也、万葉集ニ此哥ノ心アリ
      トヲツ人マツラサヨヒメツマコヒニヒレフリシヨリ/k73
      オヘル山ノ名、/k74
1)
底本「領巾魔峰」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-22.txt · 最終更新: 2016/01/10 17:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa