Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の13 藤原相如は粟田殿はかなくなり給ひにけるを歎きて・・・

校訂本文

藤原相如は、粟田殿1)はかなくなり給ひにけるを歎きて、うち寝(ぬ)ることもせられざりければ、

  夢ならでまたも会ふべき君ならば寝(ね)られぬいをも歎かざらまし

と詠みて、ほどなく失せにけり。

その娘なりけるが、父の別れを悲しみて、

  夢見ずと歎きし君をほどもなくまたわが夢に見ぬぞ悲しき

翻刻

十六藤原相如ハ粟田殿ハカナク成給ニケルヲ歎テ、ウチ
    ヌル事モセラレサリケレハ、
      夢ナラテ又モアフヘキ君ナラハ、ネラレヌヰヲモ
      歎カサラマシ/k49
    トヨミテ、程ナク失ニケリ、其娘ナリケルカ父ノワカレヲ
    悲ミテ、
      ユメミストナケキシ君ヲホトモナク、マタ我ユメニミ
      ヌソカナシキ、/k50
1)
藤原道兼
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-13.txt · 最終更新: 2016/01/05 16:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa