Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の21 また夫婦の仲をば忠臣の道に喩へたり・・・

校訂本文

また、夫婦の仲をば忠臣の道にたとへたり。女はよく男に志をいたすべし。されば、賢女はたがひにそなへる日、つつしみ従ふのみにあらず、亡きあとまでも、貞女峡の月を眺め、長く燕子楼の内にとぢこもるたぐひ、あまた聞こゆ。

また、この世一つならず、同じ道にともなふたぐひ多し。

唐土(もろこし)に馬元正が妻尹氏、男亡くなりてのち、心ならず玄盛といふ者にとられたり。しかれども、歎きのあまり、三年までもの言はざりしかば、今の男、あはれみて返し送りけり。

隠由1)が妻、同じく男におくれければ、親のいさめをも聞き入れず、今さら人に見むことを心憂しと思ひて、自身をかたはになしつつ、「われ死なば、隠由が墓のかたはらに埋め」とぞ言ひける。

しかのみならず、虞舜の帝の后妃、皇英2)二人ながら湘水の底におぼれ、石季倫が妓女、緑珠はたちまちに高楼のもとに身を投げき。

翻刻

    信ノ五常ヲ不乱ラ徳トスヘシ、又夫媍ノ中ヲハ忠/k70
    臣ノ道ニ喩タリ、女ハ能ク男ニ志ヲイタスヘシ、サレ
    ハ賢女ハ互ニソナヘル日ツツシミシタカフノミニア
    ラス、無跡マテモ貞女峽ノ月ヲナカメ、ナカク鷰
    子楼ノ内ニトチコモルタクヒアマタ聞ユ、又此世一
    ナラス同シ道ニトモナフタクヒオホシ、
廿五モロコシニ馬元正カ妻尹氏男ナクナリテ後、心ナ
    ラス玄盛ト云モノニトラレタリ、然トモ歎ノアマリ、三
    トセマテ物イハサリシカハ、今ノ男アハレミテ返ヲク
    リケリ、隠由カ妻同ク男ニヲクレケレハ、オヤノイサ
    メヲモ聞入ス、今更人ニ見ム事ヲ心ウシト思テ、自
    身ヲカタハニナシツツ、我死ナハ隠由カ墓ノカタハラニ/k71
    埋トソ云ケル、加之虞舜帝后妃皇英二人ナカ
    ラ湘水ノ底ニオホレ、石季倫妓女緑珠ハ忽ニ
    高楼ノモトニ身ヲナケキ、/k72
1)
正しくは隠瑜。
2)
蛾皇・女英
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-21.txt · 最終更新: 2016/01/10 14:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa