Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の48 また詩歌につけて異名など付けらるることあり・・・

校訂本文

また、詩歌につけて異名など付けらるることあり。

治部卿能俊1)は、白河院の鳥羽殿の御会に、

  月の中なる月をこそ見れ

と詠みて、「天変の少将」といはれけり。

中納言親経卿2)は、後鳥羽院詩歌合に、

  月自家山送我来

と作りて、「山送の弁」とぞ付けられける。

かやうのこと、よく心得べし。同じ異名なれども、「さむるうつつの少将」・「待宵の小侍従」など付けられたるは、優に思ゆかし。

翻刻

モリナカラ頓死セサセ給ニケルトソ、又詩哥ニツケ
テ異名ナトツケラルル事アリ、治部卿能俊ハ白河院
鳥羽殿ノ御会ニ月ノ中ナル月ヲコソ見レトヨミテ、天
変ノ少将ト云レケリ、
中納言親経卿ハ後鳥羽院詩哥合ニ、月自家山送我
来ト作テ、山送ノ弁トソ付ラレケル、加様ノ事ヨク
心ウヘシ、同異名ナレトモ、サムルウツツノ少将待ヨヰノ小/k91
侍従ナトツケラレタルハ、優ニ覚ユカシ、越度モサル事/k92
1)
源能俊
2)
藤原親経
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-48.txt · 最終更新: 2015/10/03 13:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa