Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の21 八幡の楽人元正当宮領備中国吉河保下向して・・・

校訂本文

八幡1)の楽人元正2)、当宮領、備中国吉河保3)下向して、上洛のあひだ、檉生の泊にて、心神違乱、亡せるがごとし。片鬢4)雪のごとく変ず。

奇異の思ひをなして、巫女に占ふところに、「吉備津宮5)、託宣6)し給ひていはく、「たまたま、当国に下向、その曲を聞かざるによりて、祟り7)をなすところなり」。

たちまちにおし帰りて、かの社に参りて、皇帝以下の秘曲を吹くあひだ、白髪、たちまちにもとのごとし。もつとも道の眉目といふべし。

翻刻

二十八幡ノ楽人元正当宮領備中国吉河保(二季御神楽)下向
    シテ上洛之間檉生ノ泊ニテ心神違乱如亡行鬢
    雪ノ如ク変ス、奇異ノ思ヲ成テ、巫女ニ占フ所ニ吉備
    宮侘宣シ給テ云、適当国ニ下向其曲ヲキカサルニ依
    テ祟タタリヲナス所也、忽ニ押帰テ彼社ニ参テ、皇
    帝以下ノ秘曲ヲ吹間、白髪忽ニ本ノ如シ、尤道ノ眉
    目ト云ヘシ、/k60
1)
石清水八幡宮
2)
大神元正
3)
底本割注「二季御神楽」
4)
底本「行鬢」ただし、「行」は人偏。諸本により訂正。
5)
底本「津」なし。諸本により補入。
6)
底本「侘宣」。諸本により訂正
7)
底本「崇たたり」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-21.txt · 最終更新: 2016/03/14 18:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa