Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の38 白楽天ある年春暮烟霞の興にひかれてあくがれ出でたりけるに・・・

校訂本文

白楽天1)、ある年、春暮烟霞の興にひかれて、あくがれ出でたりけるに、花おもしろき家のありけるに、乗りながら入りたりけるを、あるじの将軍とがめければ、

  遥見人家花便入

  不論貴賤与親踈

と詠じけるによりて、また言ふことなかりけり。

ものを感ずる風情、かくのごとし。

翻刻

白楽天アル年春暮烟霞ノ興ニヒカレテ、アクカレ出タ
リケルニ、花オモシロキ家ノ有ケルニ、乗ナカラ入タリ
ケルヲ、アルシノ将軍トカメケレハ、
  遥見人家花便入、不論貴賤与親踈ト詠シケルニヨ
リテ、又云事ナカリケリ、物ヲ感スル風情如此、/k77
1)
白居易
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-38.txt · 最終更新: 2016/03/25 01:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa