Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の41 伊勢物語には二条后につかふまつる男同じく女の候ふを・・・

校訂本文

『伊勢物語』には、二条后1)につかふまつる男、同じく女の候ふを、見かはして、よばひけれども、つれなかりけるに、「いかで、ものごしに対面して、おぼつかなく思ひつめたること、少しはるかさん」と言ひければ、女、いと忍びて、ものごしにあひにけり。

物語などして、

  彦星に恋はまさりぬ天の川隔つる関を今はやめてよ

この歌にめでて、あひにけり。

かくはいへども、まことは后のこととぞ。

翻刻

四十四伊勢物語ニハ二条后ニツカフマツル男同ク女ノサフラフ
      ヲ見カハシテヨハヒケレトモ、ツレナカリケルニ、争物コシニ
      対面シテ、オホツカナク思ツメタル事スコシハルカサント
      云ケレハ、女イトシノヒテ、物コシニアヒニケリ、物語ナトシテ、
        ヒコホシニ恋ハマサリヌアマノ川ヘタツルセキヲ今ハヤメテヨ、
      此哥ニメテテ逢ニケリ、カクハイヘトモ誠ハ后ノ事トソ、/k80
1)
藤原高子
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-41.txt · 最終更新: 2016/03/26 16:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa