Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の46 源経兼下野守にて在国の時ある者便書を持て雑事など乞ふに・・・

校訂本文

源経兼、下野守にて在国の時、ある者、便書を持(も)て、雑事など乞ふに、おほかたたよりなき由(よし)など言ひて、はかばかしきこともせねば、冷然として、二三町はかり行くを、人を走らかして、「さらば」と呼び返しければ、「不便なりとて、しかるべき物など、賜(た)ぶべきか」と思ひて帰りたるに、経兼いはく、「あれ見給へ。室の八島はこれなり。都にて人々に語り給へ」と言ふ。いよいよ腹立気ありて、帰りにけり。

これもまた、かたはらいたく、をかし。

翻刻

源経兼下野守ニテ在国ノ時、或者便書ヲモテ雑
事ナト乞ニ、大方タヨリナキ由ナト云テ、ハカハカシキ事
モセネハ、冷然トシテ、二三町ハカリ行ヲ、人ヲ走カシテ
サラハトヨヒカヘシケレハ、不便ナリトテ然ヘキ物ナ
トタフヘキカト思テ帰タルニ、経兼云アレ見給ヘ室ノ
八島ハ是也、都ニテ人々ニ語給ヘト云、イヨイヨ腹立気有
テ帰ニケリ、是モ亦カタ腹イタクオカシ、カヤウノ振/k89
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-46.txt · 最終更新: 2015/09/28 23:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa