Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の15 ある殿上人水無月二十日余りいと暗きに太后宮に参りて・・・

校訂本文

ある殿上人、水無月二十日余り、いと暗きに、太后宮に参りて、馬道(めむだう)にたたずみけるに、上より人の音のあまたして来ければ、さりげなく引き隠れてのぞきけるに、つぼの遣水(やりみず)に蛍の多くすだくを見て、先なる女房、「ゆゆしき蛍かな。集めたる様にこそ見ゆれ」とて過ぐるに、次なる人、優なる声にて、

  蛍火乱飛

と口すさみけり。また次なる、

  夕殿に蛍飛て

とうちながむ。しりなる人、

  かくれぬ物は夏虫の

と、はなやかに一人ごちたりけり。

とりどりにやさしく、おもしろくて、この男、何といふ一節もなからむが本意なくて、ねず鳴きをし出でたりければ、先なる女房、「もの恐しや。蛍にも声のありけるよ」とて、つやつや 騒ぎたる気色(けしき)もなく、うちしめりたる空おぼめきのほど、あまりに色深く、かなしう思えけるに、いま一人、「『鳴く虫よりも』とこそ思ひしに」ととりなしたりける、これまた思ひ入りたるほど、たえがたく奥ゆかしかりけり。すべて、とりどりにやさしく思えける。

この心は

  音もせでみさをに燃ゆる蛍こそ鳴く虫よりもあはれなりけれ

翻刻

或殿上人ミナ月廿日アマリイトクラキニ太后宮ニ
マイリテ、メムタウニ立スミケルニ、ウヘヨリ人ノ音ノア
マタシテ来ケレハ、サリケナクヒキ隠レテノソキケル
ニ、ツホノ遣水ニ蛍ノ多クスタクヲ見テ、サキナル女/k37
房ユユシキ蛍カナ集メタル様ニコソ見ユレトテ過
ルニ、次ナル人優ナル声ニテ蛍火乱飛ト口スサミケ
リ、又次ナル夕殿ニ蛍飛テトウチナカム、シリナル人
カクレヌ物ハ夏虫ノト、ハナヤカニヒトリコチタリケリ、
取々ニヤサシク面白クテ、此男ナニト云一フシモナカ
ラムカ本意ナクテ、ネスナキヲシイテタリケレハ、先ナ
ル女房物ヲソロシヤ蛍ニモ声ノ有ケルヨトテ、ツヤツヤ
サハキタル気色モナク、ウチシメリタル空オホメキ
ノ程、アマリニ色深ク悲シウ思ケルニ、今独ナク虫ヨ
リモトコソ思ヒシニト取成タリケル、是又思入タル程/k38
堪カタク奥ユカシカリケリ、惣テトリトリニヤサシク
覚ケル、コノ心ハ、
  音モセテミサホニモユル蛍コソ、鳴虫ヨリモアハレナリケレ/k39
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-15.txt · 最終更新: 2015/09/01 22:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa