Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の29 同じき御宇橘直幹か民部大輔を望み申しける申文をば・・・

校訂本文

同じき御宇1)、橘直幹か民部大輔を望み申しける申文をば、みづから書きて、小野道風に清書せさせけり。

2)、御覧ぜられけるに、

  依人而異事3)、雖似偏頗

  代天而授官、誠懸運命

など、述懐の詞を書き過ぐせるによりて、御気色悪しかりけり。

人、これをおそれ思ふところに、そののち、内裏焼亡に、にわかに中院へ幸せさせ給ひたるに、代々の御渡物、御倚子・時の簡・玄象・鈴鹿以下、持て参りたるを御覧じて、「直幹申文は取り出でたりや」と御尋ねありける。

時の人、いみじきことにぞ申しける。

翻刻

廿八同御宇、橘直幹カ民部大輔ヲ望申ケル申文ヲハ自書/k68
    テ小野道風ニ清書セサセケリ、上御覧セラレケルニ、
      依人而事異雖似偏頗代天而授官誠懸運命
    ナト述懐ノ詞ヲ書スクセルニ依テ、御気色アシカリケリ、人
    是ヲ恐思所ニ、其後内裏焼亡ニ俄ニ中院ヘ幸セサセ給タ
    ルニ、代々ノ御渡物御倚子時ノ簡玄象鈴鹿以下モテマイ
    リタルヲ御覧シテ直幹申文ハ取出タリヤト御尋有ケル、
    時ノ人イミシキ事ニソ申ケル、/k69
1)
[[s_jikkinshō0-28|前話]の「天暦の御時」を指す。村上天皇の御代。]
2)
村上天皇
3)
底本「事異」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-29.txt · 最終更新: 2016/03/19 14:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa