Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の47 近くは徳大寺の右の大臣うちまかせてはいひ出でがたき女房のもとへ・・・

校訂本文

近くは徳大寺の右の大臣1)、うちまかせてはいひ2)出でがたき女房のもとへ、「獅子の形(かた)を作りける3)茶椀の枕を奉る」とて、薄様のを破りて、この歌を書きて、思ひかけぬはざまに隠し入れたりける。

わびつつはなれだに君にとこなれよかはさぬ夜半の枕なりとも

女房、「この枕はただにはあらじ」とて、とかくしてその歌を求め出されたりける。いみじくいろいろしく色深し。

これら、歌を人して遣はして、心の内をあらはせるたぐひなり。

良暹、大原より伏見修理大夫4)もとへ、もの乞ひにやるとて、詠める歌、

  大原山まだすみがまもならはねばわが宿のみぞ煙(けぶり)絶えたる

翻刻

五十  近ハ徳大寺ノ右ノオトト、ウチマカセテハナヒ出カタキ女房
      ノモトヘ獅子ノカタヲツタリケル茶埦ノ枕ヲ奉ル
      トテ、ウスヤウノヲヤリテ此歌ヲ書テ、思カケヌハサマ
      ニカクシ入タリケル、
        ワヒツツハナレタニ君ニトコナレヨ、カハサヌ夜半ノ枕ナリトモ、
      女房此枕ハタタニハアラシトテ、トカクシテ其哥ヲモトメ/k84
      出サレタリケル、イミシクイロイロシクイロフカシ、コレラ哥ヲ
      人シテツカハシテ、心ノ内ヲアラハセルタクヒナリ、
五十一良暹大原ヨリ伏見修理大夫モトヘ物乞ニヤルトテヨメ
      ル哥、
        大原山マタスミカマモナラハネハ、ワカヤトノミソケフリ絶タル、/k85
1)
藤原公能
2)
底本「なひ」。諸本により訂正。
3)
底本「つたりける」。諸本により訂正。
4)
橘俊綱
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-47.txt · 最終更新: 2016/03/28 03:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa