Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の42 河内重如をば山次郎判官と号す其の品いやしきものなり・・・

校訂本文

河内重如1)をば山次郎判官と号す。其の品、いやしきものなり。

われより高き女を思ひかけて、懸想文(けさうぶみ)を書きて、手づから持て行きけり。

  人づては散りもやすると思ふまにわれが使にわれか来つるぞ

女、めでてしたがひにけり。

この人、河内より、夜ごとに住江に行きて、夜を明かしけり。いみじき数寄者にてぞありける。

死ぬとても、歌を読みたりけり。

  たゆみなく心をかくる弥陀仏人やりならぬ誓ひたがふな

翻刻

四十五河内重如ヲハ山次郎判官ト号ス、其ノ品イヤシキモノナリ、/k80
      我ヨリ高キ女ヲ思カケテ、ケサウフミヲ書テ、手ツカ
      ラモテイキケリ、
        人ツテハチリモヤスルト思フマニ、ワレカツカヒニワレカキツルソ、
      女メテテ随ニケリ、コノ人河内ヨリ夜毎ニ住江ニユキテ夜
      ヲアカシケリ、イミシキスキモノニテソ有ケル、シヌトテモ
      哥ヲ読タリケリ、
        タユミナク心ヲカクル弥陀仏、ヒトヤリナラヌチカヒタカフナ、/k81
1)
山口重如(『後拾遺集』)・田口重如(『金葉集』)
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-42.txt · 最終更新: 2016/03/26 23:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa