Recent changes RSS feed

十訓抄 第二 驕慢を離るべき事

2の1 列子伝といふ文にいはく・・・

校訂本文

列子伝といふ文にいはく、孔丘1)といふ人、孫叔敖に語りて云く、「人に三怨あり。これを知るや」。叔敖いはく、「何をかいふ」。答へていはく、「爵の高きは、人、これを嫉(ねた)む。官の大なるは、主、これを悪(にく)む。禄の厚きは、怨、これに及ぶ」と言へり。

九条殿2)、右大臣辞し給ふ時の表の文に、文時卿3)書ける、

  家好倹素 不奈龍洞之愁   禄致陳紅 恐乖孔丘之誡

翻刻

列子伝ト云文ニ云、孔丘ト云人、孫叔敖ニ語テ云ク、人ニ三
怨アリ是ヲ知ヤ、叔敖云、何ヲカ云、答云爵ノ高ハ人
是ヲネタム、官ノ大ナルハ主是ヲ悪ム、禄ノ厚ハ怨是ニ及
ト云ヘリ、
九条殿右大臣辞給時ノ表ノ文ニ、文時卿書ル、
  家好倹素不奈龍洞之愁、禄致陳紅恐乖孔丘
  之誡/k104
1)
流布本の「狐丘」が正しい。以下同じ。
2)
藤原師輔
3)
菅原文時
text/jikkinsho/s_jikkinsho02-01.txt · 最終更新: 2015/10/10 01:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa