Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の1 中納言右衛門督伊陟卿は二品中務卿兼明親王の御子なり・・・

校訂本文

中納言右衛門督伊陟卿1)は、二品中務卿兼明親王の御子なり。村上2)の御時、近く召し仕ふるあひだ、主上、仰せられていはく、「故宮は常に何ごとをかせられし」。伊陟、「『うさぎのかはころも』とかや申すものをこそ、常はもてあそばれ侍りしか」と申されければ、「さだめて伝へられたらん。一見せばや」と仰せごとあり。

「やすく候ふ」とて、後日に封付きける文を、一巻持て参られたり。主上は「裘(かはごろも)などにや」と思しめしけるに、文なり。開き御覧じけるに、「君昏民諛、無所于訴3)」といふ句あり。

文盲のあひだ、これを知らず、取り出だし給へりけり。

さる才芸の人の御子にも、かかる人はおはしましけり。「菟裘賦4)」といふ名をだにも知り給はざりけるにや。

翻刻

一中納言右衛門督伊陟卿ハ二品中務卿兼明親王ノ御子也、
  村上ノ御時、近ク召仕ル間、主上仰ラレテ云、故宮ハ常ニ何/k36
  事ヲカセラレシ、伊陟ウサキノカハコロモトカヤ申物ヲコ
  ソ常ハモテアソハレ侍シカト申サレケレハ、定テ伝ヘラ
  レタラン一見セハヤト仰事アリ、ヤスク候トテ、後日ニ封
  付ケル文ヲ一巻モテマイラレタリ、主上ハ裘ナトニヤト
  思食ケルニ文也、ヒラキ御覧シケルニ、君昏ク民諛テ無
  所于愬ト云句アリ、文盲ノアヒタ是ヲ不知取出給ヘ
  リケリ、サル才芸ノ人ノ御子ニモ、カカル人ハオハシマシケリ、菟
  裘賦ト云名ヲタニモシリ給ハサリケルニヤ、/k37
1)
源伊陟
2)
村上天皇
3)
君昏(くら)く、民諛(へつら)ひて、訴ふるに所無し
4)
作者は兼明親王
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-01.txt · 最終更新: 2016/03/06 14:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa