Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の22 備中守政長が神拝に下りける時則高正資時資などいふ・・・

校訂本文

備中守政長1)が神拝に下りける時、則高2)・正資3)・時資4)などいふ、時の舞の上手どもを、いざなひ下りたりけるに、吉備津宮の御前にて、則高、陵王を舞ひける時に、宝殿大きにゆすりひびきて、おびただしかりけり。

ここらに集まりたる者ども、驚き騒ぎけるを、正資・時資、おそろしながら思ひけるやう、「則高が舞、ことにかひありて、めでたし。たちまち宝殿ひびき給へる。いとかたじけなし。ただし、われら、今、落蹲を舞はんとす。もしこの時、しるしなくは、いみじき恥なるべし」と思ひて、宝殿に向ひて泣く泣く祈り申しけり。

陵王入りてのち、おのおの舞ひけるに、はじめよりまさりざまに宝殿ゆすり5)、いとどおそろしかりけり。

翻刻

廿一備中守政長カ神拝ニ下ケル時、則高正資時資ナ
    トイフ時ノ舞ノ上手共ヲイサナヒ下タリケルニ、吉備/k60
    津宮ノ御前ニテ、則高陵王ヲ舞ケル時ニ、宝殿大ニ
    ユスリヒヒキテ、オヒタタシカリケリ、ココラニ集リタルモノト
    モ、驚キ騒キケルヲ、正資時資オソロシナカラ思ケル
    様、則高カ舞殊ニカヒアリテ目出シ忽宝殿ヒヒキ給
    ヘル、イト忝シ、但ワレラ今落蹲ヲ舞ハントス、若此時シル
    シナクハ、イミシキ恥ナルヘシト思テ、宝殿ニ向テ泣々祈申
    ケリ、陵王入テ後各舞ケルニ、始ヨリマサリサマニ宝殿
    エスリイトトオソロシカリケリ、/k61
1)
源政長
2)
狛則高
3)
多正資
4)
多節資か
5)
底本「えすり」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-22.txt · 最終更新: 2016/03/14 22:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa