Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の37 大斎院と申す宮の御所の内に女房に物申さんとて蔵人惟規・・・

校訂本文

大斎院1)と申す宮の御所の内に、「女房に物申さん」とて、蔵人惟規2)、忍びて参りたりけるを、侍ども見つけて、あやしみ思ひけるに、隠れて誰とも言はざりければ、門をさしてとどめけるに、

  神垣は木の丸殿にあらねども名乗りをせねば人とがめけり

と詠みけるを、かのたづねらるる女房、院に申しければ、許されにけり。

翻刻

四十大斎院ト申宮ノ御所ノ内ニ女房ニ物申サントテ、蔵人/k76
    惟規忍テ参リタリケルヲ、侍トモ見付テアヤシミ思ケ
    ルニ、カクレテ誰トモイハサリケレハ、門ヲサシテトトメケルニ、
      神カキハ木ノマロトノニアラネトモ、ナノリヲセネハ人トカメケリ
    トヨミケルヲ、彼タツネラルル女房、院ニ申ケレハ、許レニケリ、/k77
1)
選子内親王
2)
藤原惟規
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-37.txt · 最終更新: 2016/03/25 00:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa