Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の9 橘良利は寛平法皇の世を遁れさせ給ふ時・・・

校訂本文

橘良利は、寛平法皇1)の、世を遁れさせ給ふ時、同じく家を出でて、寛蓮大徳とて、修行の御供に候ひける。和泉国日根といふ所にて、詠みける。

  古里(ふるさと)の旅寝の夢に見えつるは恨みやすらんまたもとはねは

円融院法皇、失せさせ給ひて、紫野に葬送ありけるに、一年、この所にて子の日せさせ給ひしことなど思ひ出でて、行成卿、かくぞ詠みける。

  遅れじと常の御幸を急ぎしに煙(けぶり)にそはぬたびのかなしさ

出家まではなけれども、思ひ入れたる志、いと深く思ゆ。

翻刻

十一橘良利ハ寛平法皇ノ世ヲ遁サセ給時、同家
    ヲ出テ寛蓮大徳トテ修行ノ御供ニ候ケル、/k41
    和泉国日根ト云所ニテ読ケル、
      古里ノタヒネノ夢ニミエツルハ、ウラミヤスラン
      マタモトハネハ
十二円融院法皇ウセサセ給テ、紫野ニ葬送アリ
    ケルニ、一年此所ニテ子日セサセ給シ事ナト思
    出テ、行成卿カクソ読ケル、
      オクレシトツネノミユキヲイソキシニ、ケフリニ
      ソハヌタヒノカナシサ
    出家マテハナケレトモ、思入レタル志イトフカクオホユ/k42
1)
宇多天皇
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-09.txt · 最終更新: 2015/12/26 11:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa