Recent changes RSS feed

十訓抄 第九 懇望を停むべき事

9の序 ある人いはく、人は心にあはぬことあればとて・・・

校訂本文

第九 懇望を停むべき事

ある人いはく、人は心にあはぬことあればとて、うち頼むにもあれ、あひ親しきにもあれ、もの恨みの先立つまじきなり。

たとひ理運のことの相違も出で来(き)、約束の旨の変改あるにても、「さるやうこそあるらめ」と、心長く忍び過ぐしたらむは、くねり腹立つよりも、なかなかはづかしく、いとほしくも思えぬべきを、かなはぬものゆゑ、いちはやく振舞へば、かへりてしらけもし、また、はかなき節(ふし)によりて、おほいに悔しきことも出で来るなり。

老子、のたまへることあり。

  命を知れる者は、天を怨みず

  己を知る者は、人をも怨みず

まことなるかな、このこと。

翻刻

  第九可停懇望事
或人云、人ハ心ニアハヌ事アレハトテ、ウチタノムニモア
レ、アヒシタシキニモアレ、物恨ノサキタツマシキ也、タト
ヒ理運ノ事ノ相違モイテキ、約束ノ旨ノ変改ア/k16
ルニテモ、サル様コソアルラメト、心永ク忍ヒスクシタラ
ムハ、クネリ腹立ヨリモ中々ハツカシク糸惜モ覚ヌヘ
キヲ、カナハヌ物ユヘ、イチハヤク振舞ヘハ、カヘリテシラケ
モシ、又ハカナキフシニヨリテ、大ニクヤシキ事モ出クル也、
老子ノ給ヘル事アリ、命ヲシレルモノハ天ヲウラミス、オ
ノレヲシルモノハ人ヲモウラミス、誠ナルカナ此事、/k17
text/jikkinsho/s_jikkinsho09-00.txt · 最終更新: 2016/02/23 15:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa