Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の13 和泉式部が男のかれがれなりけるころ貴船に詣でたりけるに・・・

校訂本文

和泉式部が男の、かれがれなりけるころ、貴船に詣でたりけるに、蛍の飛ぶを見て、

  もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づるたまかとぞ見る

とながめければ、社の内より、忍びたる御声にて、かく聞こえけり。

  奥山のたぎりて落る滝つ瀬の玉散るばかりものな思ひそ

そのしるしありけるとぞ。

翻刻

十二和泉式部カ男ノカレカレナリケル比、貴舟ニ詣タリケルニ、
    ホタルノトフヲミテ、
      物思ヘハ沢ノホタルモ我身ヨリ、アクカレ出ル玉カトソミル
    トナカメケレハ、社ノ内ヨリ忍ヒタル御声ニテ、カク聞エケリ、
      オク山ノタキリテ落ルタキツセノ、タマチルハカリ物ナオモヒソ、
    ソノシルシアリケルトソ、/k49
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-13.txt · 最終更新: 2016/03/10 01:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa