Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の26 成範卿事ありて召し返されて内裏に参りたりけるに・・・

校訂本文

成範卿1)、事ありて召し返されて、内裏に参りたりけるに、昔は女房の入立(いりたち)なりし人の、今はさもあらざりければ、女房の中より、昔を思ひ出でて、

  雲の上はありし昔にかはらねど見し玉垂れのうちや恋しき

と詠み出だしたりけるを、「返事せん」とて、灯炉の際(きは)に寄りけるほどに、小松の大臣(おとど)2)の参り給ひければ、「急ぎ立ち退く」とて、灯炉の火の掻き上げの木の端(はし)にて、「や」文字を消ちて、そばに「ぞ」文字を書きて、御簾の内へ差し入れて、出でられにけり。

女房、取りて見るに、「ぞ」文字一つにて、返しをせられたりける、ありがたかりけり。

翻刻

成範卿事アリテ召返サレテ、内裏ニ参リタリ
ケルニ、昔ハ女房ノ入立ナリシ人ノ、今ハサモアラサリ
ケレハ、女房ノ中ヨリ昔ヲ思出テ、
  雲ノ上ハアリシ昔ニカハラネト、ミシ玉タレノウチヤ恋シキ
トヨミ出シタリケルヲ、返事セントテ燈爐ノキハニヨリ
ケルホトニ、小松ノオトトノ参給ケレハ、急キ立ノクト
テ、トウロノ火ノカキアケノ木ノハシニテ、ヤ文字ヲ/k58
ケチテ、ソハニソ文字ヲ書テ、御スノ内ヘサシ入テ出ラレ
ニケリ、女房取テ見ニ、ソ文字一ニテ返シヲセラレタリ
ケル、アリカタカリケリ、/k59
1)
藤原成範
2)
平重盛
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-26.txt · 最終更新: 2015/09/12 17:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa