Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の7 大原聖たち四五人ばかりつれて高野へ参りけるに・・・

校訂本文

大原聖たち、四五人ばかりつれて、高野へ参りけるに、河内国石川郡に留りにけり。家主(いへあるじ)は紺の直垂ばかり着て、袴は着ず。ことのほかに経営して、よき筵・畳なと取り出だして敷きけり。

日のいまだ高かりければ、聖一人1)、止観2)を取り出でて復しけり。主(あるじ)の僧、寄りて、「なに文にか」と問ひければ、「止観と申す文なり。ただし四巻にはあらず」と言ひければ、重て言ふことはなくて、

  此之止観天台智者、 説己心中所行法門

と忍びやかに誦しければ、その時、聖たち、顔を赤め舌を巻きてやみにけり。

この僧は、もとは山僧なりけるが、世間に落ちて、縁にふれてこの所に留りにけり。

翻刻

大原聖達四五人ハカリツレテ高野ヘ参ケルニ、河内
国石川郡ニ留ニケリ、家主ハ紺ノ直垂斗着テ袴
ハキス、事ノ外ニ経営シテ、ヨキ筵畳ナト取出シテ
シキケリ、日ノイマタ高カリケレハ、聖一人(俊成卿息円寂房)止観
ヲ取出テ復シケリ、アルシノ僧ヨリテナニ文ニカト問
ケレハ、止観ト申文也但四巻ニハ非スト云ケレハ、重テ
云事ハナクテ、
  此之止観天台智者、 説己心中所行法門
ト忍ヒヤカニ誦シケレハ、其時聖達カホヲ赤メ舌ヲマキ/k120
テヤミニケリ、此僧ハモトハ山僧ナリケルカ、世間ニオチ
テ縁ニフレテ此所ニ留ニケリ、/k121
1)
底本、「俊成卿息円寂房」と割注。
2)
摩訶止観
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-07.txt · 最終更新: 2015/10/18 17:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa