Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の5 後三条院住吉社に御幸ありける時経信卿序代を奉られけり・・・

校訂本文

後三条院1)、住吉社に御幸ありける時、経信卿2)、序代を奉られけり。その歌にいはく、

  沖つ風吹きにけらしな住吉の松のしづえを洗ふ白波

当座の秀歌なり。

かの卿、のちに俊頼朝臣3)を呼びて言はれける、「古今4)に入れる躬恒歌に、

  住吉の松を秋風吹くからに声うちそふる沖つ白波

この歌、任大臣の大饗せん日、わが所詠の沖つ風の歌、中門の内に入りて、史生の饗につきなんや」と。俊頼いはく、「この仰せいかが。かの歌、全く劣るべからず。しかれども、古今歌たるによりて、かぎりありて、まづ任大臣候はんに、御作は一の大納言にて、当者として、南階よりねりのぼりて、対座に居なんとこそ存じ候へ」と言ふ。「さてはさもありなんや、いかがあるべき」とて、感気ありけり。

また、自嘆していはく、「躬恒家集、歌多かるなかにも、『松を秋風』の歌のたけ・しなは、年長(た)けたる胡人の、錦の帽子したるが、尺八・琵琶を鳴らし、紫檀の脇息おさへて、詩を詠じ、うそぶき、眺望したる姿なり。このに向ひて、あひしらひしつべきは、わが、『沖つ風』の歌こそあれ」と言はれけり。

人の身には、一能の勝るるだにありがたきに、この人々、上古にすすめる英才なり。ゆゑに、能の始めに、これを注(しる)す。

翻刻

五後三条院住吉社ニ御幸有ケル時、経信卿序代ヲ奉ラ
  レケリ、其哥云、
    奥津風吹ニケラシナ住吉ノ、松ノシツエヲアラフ白ナミ
  当座秀哥也、彼卿後ニ俊頼朝臣ヲヨヒテイハレケル、古/k40
  今ニ入レル躬恒哥ニ、住吉ノ松ヲ秋風吹カラニ、声ウチ
  ソフル沖津白浪、此哥任大臣ノ大饗セン日、ワカ所詠ノ
  奥津風ノ哥中門ノ内ニ入テ、史生ノ饗ニツキナンヤト、
  俊頼云、此仰如何彼哥全クヲトルヘカラス、然而古今哥タ
  ルニヨリテ、有限テ先任大臣候ハンニ御作ハ一ノ大納言ニテ
  当者トシテ、南階ヨリネリノホリテ対座ニヰナントコ
  ソ存候ヘト云、サテハサモ有ナンヤ、イカカアルヘキトテ、感気
  アリケリ、又、自嘆云躬恒家集哥多カル中ニモ、松ヲ
  秋風ノ哥ノタケシナハ年タケタル胡人ノ、錦ノ帽子シ
  タルカ、尺八比巴ヲナラシ、紫檀ノ脇息ヲサヘテ詩ヲ詠/k41
  シウソフキ眺望シタルスカタ也、此人ニムカヒテ、アヒシラヒシ
  ツヘキハ、我オキツ風ノ哥コソアレト云レケリ、人ノ身ニハ一
  能ノ勝ルルタニ有カタキニ、此人々上古ニススメル英才也、故
  ニ能ノ始ニ是ヲ注ス、/k42
1)
後三条天皇
2)
源経信。前話参照。
3)
源俊頼
4)
『古今和歌集』
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-05.txt · 最終更新: 2016/03/08 11:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa