Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の12 中ごろなまめきたる女房世の中たえだえしかりけるが・・・

校訂本文

中ごろ、なまめきたる女房、世の中たえだえしかりけるが、見目形(みめかた ち)よかりける女(むすめ)をなん持ちたりけるが、十七八なりければ、「これをいかにして、目安きさまにせん」と思ふかなしさに、八幡に姫君とともに泣く泣く参りて、よもすがら、御前にて、「身は今はいかにても候ひなん。この女を心安きさまにて見せ給へ」と数珠(ずず)をすりて、うち嘆ききうち嘆き申しけるに、この娘、参り着くより、母の膝を枕にして、起きも上がらず、寝たりければ、暁方になりて、母申すやう、「いかばかり思ひて、かなはぬ心に、徒歩(かち)より参りつるに、わが申すやうに、よもすがら、神も『あはれ』と思しめすばかり申し給ふべきに、思ふことなげに寝給へるうたてさよ」とくどかれて、姫君おどろきて、「かなはぬ道に苦しくて」と言ひて、

  身の憂さをなかなか何といはしみづ思ふ心を汲みて知るらむ

と詠みたりければ、母も恥づかしくて、ものも言はずして下向するに、七条朱雀のほとりにて、世の中にときめき給ふ殿上人、桂より遊びて帰り給ふが、この女を取りて、車に乗せて、やがて北の方にして、始終いみじかりけり。

翻刻

十一中比ナマメキタル女房、世中タエタエシカリケルカ、ミメカタ
    チヨカリケル女ヲナンモチタリケルカ、十七八ナリケレハ、/k47
    是ヲイカニシテ目安キサマニセント思カナシサニ八幡ニ姫
    君ト共ニナクナク参テ、終夜御前ニテ、身ハ今ハイカニテ
    モ候ナン、此女ヲ心安キサマニテミセ給ヘトススヲスリテ
    ウチナケキウチナケキ申ケルニ、此娘参リツクヨリ、母ノヒサヲ
    枕ニシテ、オキモアカラスネタリケレハ、暁方ニ成テ、母申
    ヤウ、イカハカリ思テカナハヌ心ニカチヨリ参ツルニ、我申
    様ニ終夜神モ哀ト思食ハカリ申給ヘキニ、思事ナケ
    ニネ給ヘルウタテサヨトクトカレテ、姫君オトロキテ、カナ
    ハヌミチニクルシクテト云テ、
      身ノウサヲ中々何トイハシミツ、思フ心ヲクミテシルラム/k48
    トヨミタリケレハ、母モハツカシクテ、物モイハスシテ下向
    スルニ、七条朱雀ノ辺ニテ、世中ニトキメキ給殿上人カ
    ツラヨリ遊テカヘリ給カ、此女ヲトリテ車ニノセテ、ヤカ
    テ北方ニシテ、始終イミシカリケリ、/k49
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-12.txt · 最終更新: 2016/03/09 23:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa