Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の22 隆禅律師按察大納言隆季の法事の導師にて坊に帰りたる夜部・・・

校訂本文

隆禅律師、按察大納言隆季1)の法事の導師にて、坊に帰りたる夜部、尼一人来て、「大和国の人を尋ぬるが、日暮れたり。また食物もなし。今夜、これに候はん。食物あて給(た)び候へ」と言ひければ、食物を与へて、宿してけり。

夜に入りて、門を叩く者あり、「使庁の使ひなり」と言ふ。「その尼、多く盗犯の沙汰にかかりたるなり。許し出だすな」と言ひて帰りぬ。

これによりて、かの尼を縛りてあひ待つ2)ほどに、夜更けて、判官殿といふ者来て、また門を叩く。「この尼を請ひ取むとするか」とて、入れて、隆禅みづから対面してけり。

ここに判官と名乗るもの、隆禅を捕らへて、刀を抜きて、脇にさし当てて、「なんぢ、もし動 きはたらかば、殺てん。坊中の人、声を出だすな」と言ひて、そのほどに、塗籠・倉などひき開けて、資財・雑物、若干運び取りて、馬十余疋に負はせて、尼公をも、隆禅をも、馬に乗せて、粟田山へゐて行きて、解き許す。さて、おのおの去りにけり。

かの秦の始皇帝、高漸離に謀られて、剣にのぞめりけるは、燕の国の図にふけりて、みづから出であひ給へるゆゑなり。隆禅、無縁の尼をあはれぶ。慈悲の心を元として、かかる目にあひけるこそ、あさましけれ。

これらのことまでも、よくく心すべきなり。

翻刻

廿五隆禅律師按察大納言隆季ノ法事ノ導師ニテ、
    坊ニカヘリタル夜部、尼一人来テ大和国ノ人ヲ尋ヌル/k144
    カ日暮タリ又食物モナシ、今夜是ニ候ハン、食物アテ
    タヒ候ヘト云ケレハ、食物ヲアタヘテヤトシテケリ、夜ニ
    入テ門ヲ叩ク者アリ、使庁使也ト云、其尼オホク盗
    犯ノ沙汰ニカカリタルナリ、ユルシ出スナト云テ帰ヌ、
    是ニヨリテ彼尼ヲシハリテ相程ニ、夜フケテ判官殿
    ト云者来テ又門ヲ叩ク、此尼ヲ請取ムトスルカトテ入
    レテ、隆禅自対面シテケリ、ココニ判官トナノルモノ、
    隆禅ヲトラヘテ、刀ヲヌキテ脇ニサシアテテ、汝若動
    キハタラカハ殺テン、坊中ノ人声ヲイタスナト云テ、其
    程ニヌリコメ倉ナト引アケテ、資財雑物若干運ヒ
    取テ、馬十余疋ニ負セテ、尼君ヲモ隆禅ヲモ馬ニ/k145
    乗テ粟田山ヘヰテ行テ、トキユルス、サテ各去ニケリ、
    彼秦始皇帝高漸離ニハカラレテ釼ニノソメリケ
    ルハ、燕ノ国ノ図ニフケリテ、自出相給ヘル故也、隆禅無縁
    ノ尼ヲアハレフ慈悲ノ心ヲ元トシテ、カカル目ニアヒケル
    コソアサマシケレ、此等ノ事マテモ能ク心スヘキナリ、/k145
1)
藤原隆季
2)
底本「待つ」なし。諸本により補入。
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-22.txt · 最終更新: 2016/02/11 15:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa