Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の22 野宮歌合判者は源順なりけり女房をあまた勝たせ給ひければ・・・

校訂本文

野宮歌合、判者は源順なりけり。女房をあまた勝たせ給ひければ、男の方より、

  霜枯のおきな草とは名のれども女郎花にはなほなびきけり

となむ言ひたりける。これは、

  花色如蒸栗 (花の色は蒸栗の如し)

  俗呼為女郎 (俗に呼びて女郎と為す)

  聞名戯欲契偕老 (名を聞きて戯に偕老を契らむと欲せば)

  恐悪衰翁首似霜 (恐るらくは衰翁の首の霜に似たるを悪まむ)

と、順がか書けるによりて詠めるにや。いとおもしろし。同じ難なれども、やさしく思ゆかし。

栗を蒸すことは、いかにとかや、聞きつかぬ様に思ゆに、魏文帝、「与鍾大理書詞書1)」にいはく、

  美玉白如截昉黒 赤擬鶏冠 黄侔蒸栗2)

とあるを見るこそ、「さることあり」と思えていみじけれ。

すべて歌の判は、その才学はさることにて、品(しな)高く、世にも重むぜらるる人のすべきとぞ。俊頼朝臣3)は「十徳なからむ人は判者にあたはず」とぞ書かれける。

源中納言国信家の歌合を、俊頼の判じたるをば、若狭阿闍梨隆源、左衛門佐基俊4)など、おのおのをこづき、やうやうのことども書き付けたりけるにや。

これらは、世おぼえの少なく、人に用ゐられぬがいたすところなり。

十徳とは、世おぼえ・種姓高貴・和歌才学・口利き・古歌おぼえ、以下条々なり。

翻刻

野宮哥合判者ハ源順ナリケリ、女房ヲアマタカタセ
給ケレハ、男ノ方ヨリ/k53
  霜枯ノオキナ草トハ名ノレトモ、女郎花ニハ猶ナヒキケリ
トナム云タリケル、是ハ
  花色如蒸粟、俗呼為女郎、聞名戯欲契偕老、恐
  悪衰翁首似霜、
ト順カ書ルニヨリテヨメルニヤ、イト面白シ同難ナレトモ
ヤサシク覚ユカシ、栗ヲ蒸事ハイカニトカヤ聞ツカヌ
様ニ覚ニ、魏文帝与鍾大理書詞書云、
  美玉白如截昉黒、 赤擬鶏冠黄侔蒸栗
トアルヲミルコソサル事有ト覚テイミシケレ、スヘテ
哥ノ判ハ其才学ハサル事ニテ、シナ高ク世ニモ重セ/k54
ラルル人ノスヘキトソ、俊頼朝臣ハ十徳ナカラム人ハ判者
ニアタハストソ書レケル、源中納言国信家ノ哥合ヲ俊
頼ノ判タルヲハ、若狭阿闍梨隆源左衛門佐基俊ナ
ト各オコツキヤウヤウノ事共書付タリケルニヤ、是等ハ
世オホエノスクナク人ニ用ラレヌカイタス所也十徳ト
ハ世オホエ種姓高貴和歌才学口キキ古哥オホエ
以下条々ナリ/k55
1)
『文選』第42巻。鍾大理は鍾繇のこと。
2)
底本ママ。『文選』は「美玉、白如截肪、黒譬純漆、赤擬鶏冠、黄侔蒸栗」
3)
藤原俊頼
4)
藤原基俊
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-22.txt · 最終更新: 2015/09/06 15:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa