Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の30 東三条関白前太政大臣九月十三夜の月にさそはれて・・・

校訂本文

東三条関白前太政大臣1)、九月十三夜の月にさそはれて、東北院の念仏に参り給ひたりけるに、夜うち更けて、世の中もしづかなるほどに、斉信民部卿2)を召して、「こよひ、ただにはいかがやまむ。朗詠ありなんや」と仰せられければ、いとかしこまりて、しばしわづらふ気色なるを、人々、耳をそばだてて、「いかなる句をか詠ぜんずらむ」と待つほどに、「極楽の尊を念ずること一夜」とうち出だしたりける、たぐひなくめでたかりけり。

この句書きたる斉名3)、やがて御供に候ひけり。わが句をしも、さばかりの人の朗詠せられたりける、いかばかり心のうち、すずしかりけん。

この句は、勧学会の時、「摂念山林を賦する序」なり。

  念極楽之尊一夜 山月正円4)

  先句曲之会三朝 洞花欲落

これは三月十五夜のことなり。九月十三夜に詠ぜられける、いかがと思ゆ。ただし、念仏の義ばかりに取りよれりけるにや。古人の所作、仰ぎて信ずべきか。

翻刻

二十九東三条関白前太政大臣九月十三夜ノ月ニサソハレテ、東北院
      ノ念仏ニ参給タリケルニ、夜ウチフケテ世中モ閑ナルホト
      ニ、斉信民部卿ヲ召テ、コヨヒタタニハイカカヤマム、朗詠有ナ/k69
      ンヤト被仰ケレハ、イト畏テ暫ワツラフ気色ナルヲ、人々耳
      ヲ峙テ、イカナル句ヲカ詠センスラムト待ホトニ、極楽ノ尊ヲ
      念スル事一夜ト打出シタリケル、類ヒナク目出タカリケ
      リ、此句カキタル斉名ヤカテ御共ニ候ケリ、我句ヲシモ、サハカリ
      ノ人ノ朗詠セラレタリケル、イカハカリ心ノウチススシカリケ
      ン、此句ハ勧学会ノ時摂念山林ヲ賦スル序ナリ、
        念極楽之尊一夜月正円先句曲之会三朝洞花欲落、
      是ハ三月十五夜事也、九月十三夜ニ詠セラレケル、イカカ
      ト思ユ、但念仏ノ儀ハカリニトリヨレリケルニヤ、古人ノ所作
      仰可信歟、/k70
1)
藤原兼家
2)
藤原斉信
3)
紀斉名
4)
底本「山」なし。諸本により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-30.txt · 最終更新: 2016/03/19 14:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa