Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の32 御堂入道東三条の御所を造り給ふ時・・・

校訂本文

御堂入道1)、東三条の御所を造り給ふ時、有国2)、奉行しける。

西の泉の透廊、南へ長くさし出でたる中のほど一間、上長押を打たざりけり。殿下御覧じて、「など打たぬぞ。下も土にて弱きに」と仰せられければ、何となきやうに申しなしてやみにけり。

しかるあひだ、上東門院、立后の後、始て入内の時、この上長押あらば、その煩ひあるべき所に、御輿、やすらかに出でさせ給ふ、有国、砌(みぎり)に候ひけるが、少し声(こわ)つくろひしたりければ、殿下御覧じければ、指をさして上長押を見やりけり。「いかにも、この義あるべし」と存じて、御輿の寸法をはからひて上長押を打たざりける。用意深かりけり。

有国は伴大納言3)の後身なり。伊豆国に、かの大納言、影をとどむ。有国が容貌、さらに違はず。また、善男、終焉の時、「当生には必ず今一度奉公の身たらん」と言ひけり。

翻刻

御堂入道東三条ノ御所ヲ造給時、有国奉行シケル、西
ノ泉ノ透廊南ヘ永ク指出タル中ノ程一間上長押ヲ
ウタサリケリ、殿下御覧シテ、ナトウタヌソ下モ土ニテ
ヨハキニト仰ラレケレハ、何トナキヤウニ申ナシテ止ニ
ケリ、然間上東門院立后ノ後始テ入内ノ時、此ノ上長
押アラハ其煩アルヘキ所ニ御輿ヤスラカニ出サセ給
間、有国砌ニ候ケルカ、スコシコハツクロヒシタリケレハ殿下/k66
御覧シケレハ指ヲサシテ上長押ヲ見ヤリケリ、イ
カニモ此義有ヘシト存シテ、御輿ノ寸法ヲハカラヒテ上
長押ヲウタサリケル用意深カリケリ、有国ハ伴大
納言後身也、伊豆国ニ彼大納言影ヲトトム、有国カ
容貌サラニタカハス又善男終焉ノ時当生ニハ必今
一度奉公ノ身タラント云ケリ、/k67
1)
藤原道長
2)
藤原有国
3)
伴善男
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-32.txt · 最終更新: 2015/09/20 00:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa