Recent changes RSS feed

十訓抄 第九 懇望を停むべき事

9の1 仁和寺の大御室の御時成就院僧正のいまだ阿闍梨と申しけるころ・・・

校訂本文

仁和寺の大御室1)の御時、成就院僧正2)のいまだ阿闍梨と申しけるころ、白河の3)九重御塔供養4)ありけり。

御室、「今度の賞あらば、必ず譲らむ」と御約束ありければ、かしこまり申し給ふほどに、思ひのごとく供養とげられて、賞行はるる時になりて、京極大殿5)の御子息、阿闍梨にて、御弟子にて候ひ給ひけるに、大殿、御対面のついでに、「今度の賞は小法師にぞ給はり侍りぬ」と、かねてより悦び申し給ひけれは、仰せられやるべきかたなくて、法眼になり給ひにけり。

御室は、「かの阿闍梨、いかに『くちをし』と思ふらむ」と、胸ふさがりて思しめしけるに、その日、ふつと見えざりければ、「さるらむ。もし修行に出でたるか。また、うらめしさのあまりにや」と思しめし乱れたるに、日高くなりて、御前に出でたりけるに、あやしく思しめして、「いづくへ行かれたりつるぞや」と仰せられければ、「新法眼の御悦びにまかり侍る」とうち聞こえて、つゆもうらみたる気色なかりけり。

御室、うれしくもあはれに思しめしければ、今度こそ越えられにけれども、次々の勧賞、あまた譲りて、僧正までなりて、鳥羽院の御時は、生き仏と思しめしければ、世をわがままにして、「法師関白」とまでいはれ給ひけり。

いみじかりける人なり。

翻刻

一仁和寺大室御時成就院僧正ノイマタ阿闍梨ト申ケ
  ル皆河ノ九重御塔養供有ケリ、御室今度ノ賞アラハ、
  必譲ラムト御約束有ケレハ、畏申給ホトニ、思ノ如ク供
  養トケラレテ、賞ヲコナハルル時ニナリテ、京極大殿ノ/k17
  御子息阿闍梨ニテ御弟子ニテ候給ケルニ、大殿御対
  面ノ次ニ、今度ノ賞ハ小法師ニソ給ハリ侍ヌト、兼テ
  ヨリ悦申給ケレハ、仰ラレヤルヘキ方ナクテ、法眼ニ成給
  ニケリ、御室ハ彼阿闍梨イカニ口惜ト思ラムト、胸フサカ
  リテ思食ケルニ、其日フツトミエサリケレハ、サルラム若修
  行ニ出タルカ、亦恨メシサノアマリニヤト思召乱レタルニ、
  日高クナリテ御前ニ出タリケルニ、アヤシク思食テ、イツク
  ヘユカレタリツルソヤト仰ラレケレハ、新法眼ノ御悦ニマカ
  リ侍ルトウチキコエテ、ツユモ恨タル気色ナカリケリ、
  御室ウレシクモ哀ニ思食ケレハ、今度コソ越ラレニケレト/k18
  モ、次々ノ勧賞アマタ譲リテ僧正マテナリテ鳥羽
  院御時ハ、イキ仏ト思召ケレハ、世ヲ我ママニシテ、法師関白
  トマテ云レ給ケリ、イミシカリケル人也、/k19
1)
性信法親王。底本「大室」。諸本により訂正
2)
寛助
3)
底本「申ける皆河の」。「比白」を一字と誤ったもの。
4)
底本「養供」。諸本により訂正。
5)
藤原師実
text/jikkinsho/s_jikkinsho09-01.txt · 最終更新: 2016/03/01 01:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa