Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の27 和邇部の用光といふ楽人ありけり・・・

校訂本文

和邇部の用光といふ楽人ありけり。土佐の御船遊びに下りて、上りけるに、安芸国なにがしの泊にて、海賊押し寄せたりけり。

弓矢の行方知らねば、防ぎ戦ふに力なくて、「今は疑ひなく殺されなんず」と思ひて、篳篥(ひちりき)を取り出でて、屋形の上に居て、「あの党や。今は沙汰に及ばず。とくなにものをも取り給へ。ただし、年ごろ思ひしめたる篳篥の、『小調子』といふ曲、吹きて聞かせ申さん。『さることこそ、ありしか』と、のちの物語にもし給へ」と言ひければ、むねとの、大なる声にて、「主(ぬし)たち、しばし待ち給へ。かく言ふことなり。もの聞け」と言ひければ、船を押さへて、おのおの静まりたるに、用光、「今はかぎり」と思えければ、涙を流して、めでたき音を吹き出でて、吹きすましたりけり。

をりからにや、その調べ、波の上に響きて、かの潯陽江のほとりに、琵琶を聞きし昔語りにことならず。海賊、静まりて、いふことなし。

よくよく聞きて、曲終りて、先の声にて、「君が船に心をかけて、寄せたりつれども、曲の声に涙落ちて、かたさりぬ」とて、漕ぎ去りぬ。

猛き武士(もののふ)の心をなぐさむること、和歌にはかぎらず。これら、みな管絃の徳なり。また、このことは鬼神の所感にあらざれども、命を助くること厳重によりて、ついでに記し申す。

翻刻

廿七和邇部ノ用光ト云楽人有ケリ、土佐ノ御船遊ニ下テ
    上ケルニ、安芸国ナニカシノ泊ニテ、海賊押ヨセタリケ/k65
    リ、弓矢ノユクエ知ネハ防戦ニ無力テ、今ハ無疑コロサレ
    ナンスト思テ、篳篥ヲ取出テ、ヤカタノ上ニヰテ、アノ
    党ヤ今ハサタニ不及、トク何物ヲモ取給ヘ、但年来
    思シメタル篳篥ノ小調子ト云曲、吹テ聞セ申サン、サル
    事コソ有シカト、後ノ物語ニモシ給ヘト云ケレハ、宗トノ
    大ナルコエニテ、ヌシタチシハシ待給ヘ、カク云事ナリ物
    キケト云ケレハ、船ヲヲサヘテ各シツマリタルニ、用光今ハ
    限ト覚エケレハ、涙ヲ流テ目出キ音ヲ吹出テ、吹ス
    マシタリケリ、オリカラニヤ、其シラヘ波ノ上ニヒヒキテ彼尋
    陽江ノ辺ニ琵琶ヲ聞シ昔語ニ異ナラス、海賊シツマリ/k66
    テ云事ナシ、能々聞テ、曲終テ、先ノ声ニテ、君カ船ニ心
    ヲカケテヨセタリツレトモ、曲ノ声ニ涙落テカタサリヌ
    トテ、コキサリヌ、タケキモノノフノ心ヲナクサムル事、和
    哥ニハ不限、此等皆管絃ノ徳也、又此事ハ鬼神ノ所感
    ニアラサレトモ、命ヲタスクル事厳重ニヨリテ次ニシル
    シ申、/k67
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-27.txt · 最終更新: 2016/03/18 23:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa