Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の10 おほかたは心操もおさまり才幹もありて・・・

校訂本文

おほかたは心操もおさまり、才幹もありて、良き人と言ひ初(そ)められぬれば、少々失あれども、世にも人にも必ず思ひ許さるるなり。「大労身にある時は、少しく過ちありといへども、凶とせず」といへるがごとし。

詩歌の喩(たと)へ一つにて、これらを申すべし。

  楚思渺茫雲水冷

  商声清脆管絃秋

この詩をば、「頌声聞きにくし」と難じ申す人ありけれども、秀句なるによて、四条大納言公任卿1)、朗詠2)に撰び入れられにけり。

  咲かざらむものとはなしに桜花おもかげにのみまだき立つらむ

これは、延喜十三年亭子院歌合に、「『らむ』の字二つあり」とて、病(やまひ)に定めらる。

                    堀河右大臣3)

  あふまでとせめて命の惜しければ恋こそ人の命なりけれ

これは、長元八年三十講の歌合の歌なり。「けれ」の詞(ことば)二つあれども、沙汰なくて、勝ちにけり。

同詞の病なれども、歌がらよくなりぬれば、聞きとがめざるにや。

翻刻

旨ヲ顕ハスナリ、大方ハ心操モオサマリ才幹モ有
テヨキ人ト云初ラレヌレハ、少々失アレトモ世ニモ人ニ
モ必思ユルサルル也大方身ニ有時ハ少過チアリト云
トモ凶トセストイヘルカ如シ、詩歌ノタトヘ一ニテ此
等ヲ申ヘシ
  楚思渺茫雲水冷商声清脆管絃秋
此詩ヲハ頌声キキニクシト難申人有ケレトモ、秀句
ナルニヨテ、四条大納言公任卿朗詠ニ撰入ラレニケリ、
  サカサラムモノトハナシニ桜花オモカケニノミマタキ立ラム、
是ハ延喜十三年亭子院哥合ニ、ラムノ字二有トテ/k32
病ニ定ラル、              堀河左大臣
  アフマテトセメテ命ノ惜ケレハ、恋コソ人ノイノチナリケレ、
是ハ長元八年三十講ノ哥合哥也、ケレノ詞二有
トモ沙汰ナクテ勝ニケリ、同詞ノ病ナレトモ、哥カラ
ヨク成ヌレハ、キキトカメサルニヤ、人ノ有様ヲモ是等/k33
1)
藤原公任
2)
『和漢朗詠集』上巻・秋興
3)
藤原頼宗。底本「左大臣」。本来の官職により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-10.txt · 最終更新: 2015/08/25 16:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa