Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の19 村上帝月明き夜清涼殿の上の御座にて・・・

校訂本文

村上帝1)、月明き夜、清涼殿の上の御座にて、水牛の角の撥(ばち)にて玄象(げんじやう)を弾きすまして、ただ一所おはしましけるに、影のごとくなるもの、空より飛び参りて、孫廂(まごびさし)に居たりければ、「何者ぞ」と問はせ給ふに、「大唐の琵琶の博士、字(あざな)劉二郎、廉承武に侍る。ただ今、この空を過ぎ侍りつるが、御琵琶の撥音のいみじさに参るところなり。おそらくは、貞敏2)に授け残しし曲の侍るを、授け奉らん」と申す。

聖主、叡感の気おはしまして、この琵琶をさしつかはし給ひたれば、かき鳴らして、「これは廉承武が琵琶に侍り。貞敏に伝ひ候ひし、秘事の内に侍り」と申しけり。よもすがら御話談ありて、上玄・石上の曲を授け奉りけり。

そもそも西宮左大臣3)、月の夜、琵琶を弾き給ひけるに、廉承武が霊来て、小女に憑きて、秘曲を授くる由、申し伝へたり。かの霊、再び来れるか。おぼつかなし。

定頼中納言4)、法花経を読みすまして、一人居たる所に、陽勝仙人の来れることに似たり。

翻刻

十八邑上帝月アカキ夜清涼殿ノ上ノ御座ニテ、水牛ノ角ノ
    撥ニテ玄象ヲ引スマシテ、只一所オハシマシケルニ、影ノ如
    クナルモノ、空ヨリトヒ参テ孫廂ニヰタリケレハ、ナニモノ
    ソト問セ給ニ、大唐ノ琵琶ノ博士アサナ劉二郎廉
    承武ニ侍、只今此空ヲスキ侍ツルカ、御比巴ノ撥音ノイ
    ミシサニ参ル所也、恐クハ貞敏ニサツケノコシシ曲ノ侍ヲ
    授奉ラント申、聖主叡感ノ気オハシマシテ、此比巴ヲ指
    遣ハシタマヒタレハ、カキナラシテ、是ハ廉承武カ比巴ニ侍、
    貞敏ニツタヒ候シ秘事ノ内ニ侍ト申ケリ、終夜御/k56
    話談アリテ、上玄石上ノ曲ヲ授ケ奉リケリ、抑西宮
    左大臣月ノ夜比巴ヲ引給ケルニ、廉承武カ霊来テ、
    小女ニ付テ秘曲ヲ授ル由申伝ヘタリ、彼灵フタタヒ来
    レルカオホツカナシ、定頼中納言法花経ヲヨミスマシテ
    独居タル所ニ、陽勝仙人ノ来レル事ニ似タリ、/k57
1)
村上天皇
2)
藤原貞敏
3)
源高明
4)
藤原定頼
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-19.txt · 最終更新: 2016/03/14 15:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa