Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の1 和泉式部保昌が妻にて丹後に下りけるほどに・・・

校訂本文

和泉式部、保昌1)が妻(め)にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて詠みけるを、定頼中納言2)、戯れて、小式部内侍ありけるに、「丹後へつかはしける人は参りたりや。いかに心もとなく思すらむ」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾よりなからばかり出でて、わづかに直衣の袖をひかへて、

  大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立

と詠みかけけり。

思はずに、あさましくて、「こはいかに。かかるやうやはある」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。

小式部、これより歌詠みの世におぼえ出できにけり。

これは、うちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、「これほどの歌、ただ今詠み出だすべし」とは、知られざりけるにや。

翻刻

和泉式部保昌カ妻ニテ丹後ニ下ケル程ニ、京ニ哥
合アリケルニ、小式部内侍哥読ニトラレテヨミケルヲ、
定頼中納言戯レテ小式部内侍アリケルニ、丹後ヘ
遣シケル人ハ参リタリヤ、イカニ心モトナクオホスラムト
云テ、局ノ前ヲ過ラレケルヲ、御スヨリ半ラハカリ出
テ、ワツカニ直衣ノ袖ヲヒカヘテ、
  大江山イクノノ道ノ遠ケレハ、マタフミモミスアマノハシ立
トヨミカケケリ、思ハスニ浅マシクテ、コハイカニカカルヤウヤ
ハアルトハカリ云テ、返哥ニモ及ハス、袖ヲヒキハナチテ/k113
逃ラレケリ、小式部是ヨリ哥ヨミノ世ニオホエ出キニ
ケリ、是ハウチ任テノ理運ノ事ナレトモ、彼卿ノ心ニハ
是程ノ哥只今ヨミ出スヘシトハシラレサリケルニヤ、/k114
1)
藤原保昌
2)
藤原定頼
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-01.txt · 最終更新: 2015/10/11 16:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa