Recent changes RSS feed

十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事

5の2 村上帝かくれさせ給ひて後枇杷大納言延光卿朝夕恋ひ忍び奉りて・・・

校訂本文

村上帝かくれさせ給ひて後、枇杷大納言延光卿1)、朝夕恋ひ忍び奉りて、御形見の色を一生脱ぎ給はざりけり。

ある夜の夢に、御製賜はらせける、

  月輪日本雖相別

  温意清涼昔至誠

  兜率最高帰内院

  如今於彼語卿名

大納言、夢覚めて、驚きて、これを和し奉る。

  再拝聖顔一寝程

  恩言芳処奏中情

  夢中如覚夢中事

  雖尽一生豈早驚

かの小野小町が歌、思ひ出でらる。

  思ひつつ寝(ぬ)ればや人の見えつらん夢と知りせば覚めざらましを

翻刻

二邑上帝カクレサセ給テ後、枇杷大納言延光卿
  朝夕恋忍ヒ奉テ、御カタミノ色ヲ一生ヌキ給ハ
  サリケリ、或夜ノ夢ニ、御製給ハラセケル、
    月輪日本雖相別、温意清涼昔至誠、
    兜率最高帰内院、如今於彼語卿名、
  大納言夢覚テ驚テ是ヲ和シ奉ル、
    再拝聖顔一寝程、恩言芳処奏中情
    夢中如覚夢中事、雖尽一生豈早驚/k5
  彼小野小町カ哥被思出
    思ヒツツヌレハヤ人ノ見エツラン夢トシリ
    セハサメサラマシヲ、/k6
1)
源延光
text/jikkinsho/s_jikkinsho05-02.txt · 最終更新: 2015/11/26 17:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa