Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の33 宇治殿少年の時俊賢卿と花盛りに北山辺に遊覧し給ひけるに・・・

校訂本文

宇治殿1)少年の時、俊賢卿2)と、花盛りに北山辺に遊覧し給ひけるに、ある堂の中に人々入らむとしけるを、俊賢、入らずしていはく、「このほど、北方塞(ふた)がらず。もし、穢気もこそあれ」と言ひて、下人を入れて見するに、中門の廊下の前に車を立てたり。死人の入りたりけり。

「御堂の内へ入らましかば、触穢ありなまし」と自讃せられけり。

翻刻

宇治殿少年の時、俊賢卿と花さかりに北山辺に遊覧
し給けるに或堂の中に人々入らむとしけるを、俊賢入ら
すして云く、此程北方ふたからす若穢気もこそあれと
云て、下人を入てみするに、中門の廊下の前に車をた/k67
てたり死人の入たりけり、御堂の内へ入ましかは触穢
有なましと自讃せられけり、/k68
1)
藤原頼通
2)
源俊賢
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-33.txt · 最終更新: 2015/09/20 00:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa