Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の20 一条院御位の時実方中将臨時の祭の試楽に遅く参りて・・・

校訂本文

一条院御位の時、実方中将1)、臨時の祭の試楽に遅く参りて、挿頭(かざし)の花を給はらで、「追うて舞人2)に加ふ」とて、竹の台に進み寄りて、呉竹の枝を折りてさしたりける、めでたきよし、人々ほめあひけり。

これより後、試楽の挿頭には竹の枝をさすとかや。

翻刻

一条院御位ノ時、実方中将臨時ノ祭ノ試楽ニ遅
ク参テ、カサシノ花ヲ給ハラテオウテ蔵人ニ加ト
テ、竹ノ台ニススミヨリテ、呉竹ノ枝ヲ折テサシ/k44
タリケル、目出ヨシ人々ホメアヒケリ、是ヨリノチ試
楽ノカサシニハ、竹ノ枝ヲサストカヤ、/k45
1)
藤原実方
2)
底本「蔵人」。異本注記の「舞人」に従う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-20.txt · 最終更新: 2015/09/05 02:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa