Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の29 すべて人の振舞ひはおもらかに言葉少なにて人をも馴らさず・・・

校訂本文

すべて人の振舞ひは、おもらかに言葉少なにて、人をも馴らさず、人にも馴らされず、笑(ゑ)を笑はず、戯れ好まず、ととろかに、おとなしく振舞ひて居たれば、心の中は知らず、よきものかなと見えて、人にも恥ぢられ、所をも置かるるなり。

かかれど、これはなつかしく、思はしきかたにはあらず。ただ、乱るべき所には乱れ、折にしたがひて戯れをもし、をかしき事も笑ひ、人の名残をも惜しみ、友にしたがふ心ありて、わりなく思はれぬるには、徳多かりとぞ、古き人、多く定められける。

また、人は用意深くて、出仕の時など、心おくれなきをよしとす。公事につけて、失礼をもし、たたうちある振舞ひにも越度(をちど)の出できつるは、口惜しきことなり。

昔、御形の宣旨(みあれのせんじ)・本院侍従といふ二人は、宮仕人の中には、ならびなきをかしき女房どもなりけり。そのころ、兵衛佐貞文1)、御子の孫子にて、品(しな)もいやしからず、形もめやすし、声けはひ、物いひなどのをかしきこと、人にすぐれたりけり。在中・平中とて、つがひて世のすきものといはれけるが、この侍従を年ごろ、しめしめと懸想(けしやう)しけれども、つれなかりけり。

ある時は、たまたま出で合ひたりけれども、えもいはず、すかしをきて、身ははひ隠れなどして、すべて聞かさりけるに、貞文、心憂く思えて、せめて思ひうとみぬべき便りを、やうやうに案じ廻らして、ありがたきことにて思ひよりたりけれども、いと深く用意して、つひに心劣りせられず、いやまさりに思えけるとなん。

色を好むといふは、かやうの振舞ひなり。平中といふは中将にはあらず。兄弟三人ありけるが、中にあたるゆゑなり。

翻刻

リケルコソオカシケレ、スヘテ人ノ振舞ハオモラカニ
詞スクナニテ、人ヲモナラサス、人ニモナラサレスヱヲワ
ラハス戯コノマス、トトロカニオトナシク振舞テ居タ
レハ、心ノ中ハ知スヨキモノカナトミエテ、人ニモハチラレ/k61
所ヲモヲカルルナリ、カカレト是ハナツカシク思ハシキ
方ニハ非ス、タタ乱ヘキ所ニハミタレ、折ニシタカヒテ戯
ヲモシ、オカシキ事モ咲ヒ、人ノナコリヲモ惜ミ、友ニ
シタカフ心有テ、ワリナク思ハレヌルニハ、徳多カリト
ソ、フルキ人多ク定ラレケル、又人ハ用意深クテ、出仕ノ
時ナト心ヲクレナキヲヨシトス、公事ニツケテ失礼
ヲモシ、タタウチアル振舞ニモ越度ノ出キツルハ口惜
キ事也、
昔ミアレノ宣旨本院侍従ト云二人ハ宮仕人ノ中ニ
ハ双ナキオカシキ女房共ナリケリ、其頃兵衛佐貞文/k62
御子ノ孫子ニテ、シナモイヤシカラス、形モメヤスシ、コエケ
ハヒ物イヒナトノオカシキ事、人ニ勝レタリケリ在中
平中トテツカヒテ世ノスキモノト云レケルカ、此侍従
ヲ年来シメシメトケシヤウシケレトモ、ツレナカリケリ、
或時ハタマタマ出合タリケレトモ、エモイハススカシヲキ
テ、身ハハヒカクレナトシテ、スヘテ聞サリケルニ、貞文
心ウク覚テ、セメテ思ヒウトミヌヘキ便ヲ、ヤウヤウニ案
シ廻シテ、有カタキ事ニテ思ヨリタリケレトモ、イ
ト深ク用意シテ、遂ニ心ヲトリセラレスイヤマサリ
ニ覚ケルトナン色ヲコノムト云ハ、カヤウノ振舞也、/k63
平中ト云ハ中将ニハ非ス、兄弟三人有ケルカ中ニア
タル故也/k64
1)
平貞文
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-29.txt · 最終更新: 2015/09/12 21:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa