Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の7 魯の仲尼門徒を具して路におはしけるに・・・

校訂本文

魯の仲尼1)、門徒を具して、路におはしけるに、ある所に、垣より馬の頭(かしら)をさし出だしたるを見て、「牛」とのたまひけり。

はじめはこれを思ひ分かず、おのおの案じめぐらすに、顔回より始めて、思慮の深き次第に心得ける。

日よみの「午」の頭を出すは、「牛」なり。

翻刻

七魯仲尼門徒ヲ具シテ路ニオハシケルニ、或所ニカキ
  ヨリ馬ノカシラヲ指出シタルヲ見テ、牛トノ給ケリ、
  始ハ是ヲ思ワカス、各案シメクラスニ、顔回ヨリ始テ
  思慮ノ深キ次第ニ心得ケル、日ヨミノ午ノカシラヲ
  出ハ牛也、/k122
1)
孔子
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-07.txt · 最終更新: 2016/02/02 02:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa