Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の10 禅林寺深覚僧正宇治殿へ消息を奉りて法蔵の破れて侍るに・・・

校訂本文

禅林寺深覚僧正、宇治殿1)へ消息を奉りて、「法蔵の破(やぶ)れて侍るに、修理してたまはらむ」と申されたりければ、家司それがしに仰せ付けられて、まづ損色を取らせにつかはしたりければ、僧正、この由を聞き給ひて、かの使ひを前に呼び寄せて、「『いかにかく不覚におはしますぞ。かくては君の御後見2)はせさせ給ひなんや』と申せ 」とありければ、御使ひ、帰り参りて、「法蔵の破れたるほども見せられ候はず。ただ御前に召されて、かうかうなん申せと侍る」と申しければ、殿も心得ず思しけるほどに、年老いたる女房候ひけるが、「あはれ、御腹の内の損じたるを、法蔵とのたまへるにこそ」と申しければ、「さもあらむ」とて、魚のあはせ、いみじく調へて、つかはしたりければ、「材木給ひて、法蔵の破れつくろひ侍りぬ」とぞ、申されける。

思ひはかり深きたぐひ、かくのごとし。

翻刻

十禅林寺深覚僧正宇治殿ヘ消息ヲ奉テ、法蔵ノ
  ヤフレテ侍ニ、修理シテ給ハラムト申サレタリケレハ、
  家司ソレカシニ仰付ラレテ、先損色ヲトラセニ遣シ
  タリケレハ、僧正此由ヲ聞給テ、彼ツカヒヲ前ニヨヒ
  ヨセテ、イカニカク不覚ニオハシマスソ、カクテハ君ノ御
  御後見ハセサセ給ナンヤト申ト有ケレハ、御使帰リ
  参テ、宝蔵ノ破タル程モミセラレ候ハス、只御前ニ/k125
  召レテ、カウカウナン申セト侍ト申ケレハ、殿モ心得スオホ
  シケルホトニ年老タル女房候ケルカ、アハレ御腹ノ
  内ノ損タルヲ法蔵トノ給ヘルニコソト申ケレハ、サモ有ラ
  ムトテ魚ノアハセイミシク調テ遣ハシタリケレハ、材木
  給テ法蔵ノヤフレツクロヒ侍ヌトソ申サレケル、思ハカ
  リ深キタクヒ如此、/k126
1)
藤原頼通
2)
底本「御」衍字。
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-10.txt · 最終更新: 2016/02/04 03:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa