Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の40 後撰集にいはく桂の御子の蛍をとらへてと言ひければ・・・

校訂本文

『後撰集1)』にいはく、「桂の御子2)の、蛍をとらへて」と言ひければ、童(わらは)の衫(かざみ)の袖に包みて、

  つつめども隠れぬものは夏虫の身よりあまれる思ひなりけり

と申す。宋玉が隣に住みし女は、これほどまでほのめかすたよりもなくてや、やみにけん。

そもそも、この歌、『大和物語』には、桂の御子の故式部卿3)の御子に住み給ひけるを、かの宮の童女の、男御子4)を思ひかけてのち、御子5)の「蛍とりて」とありけるに、「衫の袖に包みて奉るとて詠める」とあり。

それに、近ごろ俊成卿6)の撰ばれたる、『古来風体抄』といふものには、「桂の御子と申す女御子の、『蛍をとりて』とありければ、童男の『狩衣の袖に包みて奉る』とて詠めるを、男御子と心得て、悪く人のいひなせる」と書かれたり。説々の不同、心得がたし。

中務卿重明親王を桂親王と号す。宇多7)女、五の宮8)を鬘内親王と申す。いづれのことにか、たづぬべし。

寂蓮と申す歌詠みのありしが、

  思ひあれば袖の蛍を包みてもいはばやものを問ふ人はなし

と詠める。この心にや。

翻刻

四十二後撰集云、カツラノミコノ蛍ヲトラヘテト云ケレハ、ワラハノ
      カサミノ袖ニツツミテ、
        ツツメトモカクレヌモノハ夏虫ノ、身ヨリアマレル思ヒナリケリ
      ト申、宋玉カ隣ニスミシ女ハ、コレホトマテホノメカスタヨリ/k78
      モナクテヤヤミニケン、
      抑此哥大和物語ニハ、カツラノ御子ノ故式部卿ノ御子ニス
      ミ給ケルヲ、彼宮ノ童女ノ、オトコミコヲ思カケテ後、ミコ
      ノ蛍トリテト有ケルニ、カサミノ袖ニツツミテ奉ルトテヨ
      メルトアリ、ソレニ近此俊成卿ノエラハレタル古来風体抄ト
      云物ニハ、カツラノミコト申女御子ノ蛍ヲトリテト有ケレハ、
      童男ノカリキヌノ袖ニツツミテ奉ルトテヨメルヲ、オトコ
      ミコト心得テ、アシク人ノ云ナセルトカカレタリ、説々ノ不同
      心得カタシ、中務卿重明親王ヲ桂親王ト号ス、宇多女
      五ノ宮ヲ鬘内親王ト申ス、イツレノ事ニカ、タツヌヘシ、/k79
四十三寂蓮ト申哥ヨミノアリシカ、
        思ヒアレハ袖ノ蛍ヲツツミテモ、イハハヤ物ヲトフ人ハナシ
      トヨメル此心ニヤ、/k80
1)
後撰和歌集
2)
孚子内親王
3) , 4) , 5)
敦慶親王
6)
藤原俊成
7)
宇多天皇
8)
依子内親王
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-40.txt · 最終更新: 2016/03/26 16:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa