Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の35 絵仏師良秀といふ僧ありけり家隣より火出で来ぬ・・・

校訂本文

絵仏師良秀といふ僧ありけり。家隣より火出で来ぬ。押し覆ひてければ、大路へ出でにけり。人の描かする仏もおはしけり。また、物もうちかづかぬ妻子なども、さながらありけり。それをも知らず、身ばかり、ただ一人出でたるをことにして、向へのつらに立てりけり。

火、はやわが家に移りて、煙・炎くゆりけるを見て、おほかた、さりげなげにてながめければ、知音ども訪(とぶら)ひけれども、騒がざりけり。「いかに」と見れば、向へに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづき、うちうなづきして、時々笑ひて、「あはれ、しつる所得かな。年ごろ悪(わろ)く描けるものかな」といふ時、訪ひ来たる者ども、「こはいかに。かくてはあさましきことかな。物の憑き給へるか」と言へば、「なんでう、物の憑くべきぞ。年ごろ不動尊の火炎を悪しく描けるなり。はや、見取りたり。これこそは所得よ。この道を立てて、世にあらむには、仏をだによく描き奉らば、百千の家も出で来たりなんずるものを。わたうこそ、させる能もおはせねば、物を惜しみ給へ」と云て、嘲笑ひて立てりけり。

そののちにや、「良秀がよぢり不動」とて、人々めであへりけり。

をこがましく1)聞こゆれども、右府2)の振舞ひに似たり。

翻刻

卅七絵仏師良秀ト云僧有ケリ、家隣ヨリ火出来ヌ、ヲシ
    オホヒテケレハ大路ヘ出ニケリ、ヒト ノカカスル仏モオハシケ
    リ、又物モ打カツカヌ妻子ナトモ、サナカラアリケリ、ソレ
    ヲモシラス、身斗只一人出タルヲ事ニシテ、ムカヘノツラ
    ニ立リケリ、火ハヤ我家ニウツリテ、煙炎クユリケル
    ヲミテ、大方サリケナケニテナカメケレハ、知音トモ訪
    ケレトモ、サハカサリケリ、イカニトミレハ、ムカヘニ立テ家
    ノ焼ヲミテ、ウチウナツキウチウナツキシテ、時々ワラヒテアハ
    レシツル所得哉トシコロワロク書ケル物カナト云時、
    訪来ルモノトモ、コハイカニカクテハ浅猿事カナ、物ノ
    ツキ給ヘルカト云ヘハ、何条物ノ付ヘキソ、年頃不動/k98
    尊ノ火炎ヲアシク書ケル也、ハヤミトリタリ、是コソ
    ハ所得ヨ、此道ヲ立テ世ニアラムニハ、仏ヲタニヨク書
    タテマツラハ、百千ノ家モ出来リナンスル物ヲ、ワタウコ
    ソサセル能モオハセネハ、物ヲオシミ給ヘト云テ、アサ
    ワラヒテ立リケリ、其後ニヤ良秀カヨチリ不動トテ
    人々メテアヘリケリ、ヲコマシクキコユレトモ、右府ノ振舞
    ニ似タリ、/k99
1)
底本「をこましく」。諸本により訂正。
2)
藤原実資。前話参照。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-35.txt · 最終更新: 2016/01/26 16:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa