Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の2 晋の文公の父献公の怒れるに恐れて他国へ移り給ひけるに・・・

校訂本文

晋の文公の、父献公の怒れるに恐れて、他国へ移り給ひけるに、途中にして疲れ臥して、行歩に及ばざりけり。

介子推、これを助けて、股の肉を切りて供するによて、力付きて逃げ遁れて、のちに、つひに献公の跡を継ぎけり。

翻刻

二晋ノ文公ノ父献公ノイカレルニ恐テ、他国ヘ移給
  ケルニ、途中ニシテ疲臥テ行歩ニ及ハサリケ
  リ、介子推此ヲタスケテ股ノ肉ヲ切テ供スル
  ニヨテ、力付テ逃遁テ、後ニ遂ニ献公ノ跡ヲ/k33
  継ケリ、/k34
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-02.txt · 最終更新: 2015/12/17 22:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa