Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の13 近き御世に五節のころゆかりにふれて誰とかやの局に・・・

校訂本文

近き御世に、五節のころ、ゆかりにふれて、誰とかやの局に、ある夜、「女房のやむごとなき、忍びて参りたる」と聞こしめして、「いかで御覧ぜむ」と思しめしけるままに、にはかに押し入らせおはしけるに、とりもあへず、灯を人の吹き消ちたりければ、御懐より櫛(くし)をいくらともなく取り出でて、おこしたる火にくべさせ給ひたりければ、明々(あかあか)としてよく御覧ぜられけり。

御心の風情、いとやさしかりけり。

翻刻

近キ御世ニ五節ノ比ユカリニフレテ誰トカヤノ局ニア
ル夜、女房ノヤムコトナキ忍テマイリタルト聞食テ、
イカテ御覧セムト思メシケルママニ、俄ニヲシ入セ御座
ケルニ、トリモアヘス灯ヲ人ノ吹ケチタリケレハ、御/k35
懐ヨリ匣ヲイクラトモナク取出テ、ヲコシタル火ニ
クヘサセ給タリケレハ、明々トシテヨク御ラムセラレケ
リ、御心ノ風情イトヤサシカリケリ/k36
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-13.txt · 最終更新: 2015/08/29 13:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa