Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の31 後一条院の御時清暑堂の御神楽に公任卿拍子取るべきにて・・・

校訂本文

後一条院の御時、清暑堂の御神楽に、公任卿1)、拍子取るべきにてありけるに、期(ご)にのぞみて、斉信卿2)、上臈にて上に居られたりけるに、「管絃者にてあらねば、さだめて、よも承伏せじ」と思ひて、笏をさしやりて、気色ばかり譲るよしをせられけるに、辞することもなくて、やがて拍子を取られけり。

思はずに、あへなく思ひて、終始聞くに、失なくめでたし。

こと果てて、「いつよりこのことは御沙汰候ふぞ」と言はれければ、「公事の道にて候へば、形のごとく用意つかまつれり」とぞ答へられける。いみじかりけり。

定頼3)、「朝倉」歌はれけるは、この日なり4)

翻刻

後一条院ノ御時清暑堂ノ御神楽ニ公任卿拍子取
ヘキニテ有ケルニ、期ニノソミテ斉信卿上臈ニテ上ニ
居ラレタリケルニ、管絃者ニテアラネハ、定テヨモ承伏
セシト思テ、笏ヲサシヤリテ気色ハカリユツル由ヲ
セラレケルニ、辞スル事モナクテ、ヤカテ拍子ヲトラ
レケリ、思ハスニアヘナク思テ終始キクニ失ナク目
出シ、事ハテテイツヨリ此事ハ御沙汰候ソトイハレ/k65
ケレハ、公事ノ道ニテ候ヘハ如形用意仕レリトソ答
ラレケル、イミシカリケリ、定頼朝倉ウタハレケルハ此日
也、/k66
1)
藤原公任
2)
藤原斉信
3)
藤原定頼
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-31.txt · 最終更新: 2015/09/19 22:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa